News

  • 2割が女性起業家、圧倒的な未来を目指すファンドで分かったこと|Forbes JAPAN

    2022.10.23

    ANRI

    スタートアップに資金を提供する、ベンチャーキャピタル(VC)業界は、長年男性優位の仕事として見られてきた。しかし、近年ではSDGsの広がりとともに、投資家のダイバーシティの重要性も意識されるようになってきた。そこで、日本ベンチャーキャピタル協会はDII(ダイバーシティ&インクルージョンイニシアティブ)を立ち上げ、会員のVCにDIIへの取り組みを呼びかけている。 DIIのメンバーでもある、ベンチャーキャピタルANRIの佐俣アンリ代表にANRIにおけるD&Iの取り組みについて聞いた。

    Read details

  • ANRI株式会社 代表パートナー 佐俣アンリが『Forbes JAPAN WOMEN AWARD 2022』個人部門にて【HeForShe賞】を受賞

    2022.10.20

    ANRI

    独立系ベンチャーキャピタルANRI(東京都渋谷区:代表パートナー 佐俣アンリ、以下 ANRI)の代表パートナー 佐俣 アンリは、日本最大規模の女性アワード『Forbes JAPAN WOMEN AWARD 2022』個人部門にて【HeForShe賞】を受賞いたしました。

    Read details

  • クライス&カンパニー 「面接官の本音 vol.152 ANRI株式会社/ ジェネラル・パートナー河野純一郎」

    2022.10.09

    ANRI

    創業間もないシードステージの企業に投資、支援を行うベンチャーキャピタル(以下VC)であるANRI株式会社。ベンチャーキャピタリストに向いているのは、「何かに興味をもって執着し、語らせたら夜通し話せるような人」なのだという。同社のジェネラル・パートナーを務める河野氏にお話をうかがった。

    Read details

  • ディープテックは大きなリターンを秘めている! |ニュースイッチ by 日刊工業新聞社

    2022.10.06

    ANRI

    ディープテック(大規模研究開発型)系スタートアップに対する投資家の関心が高まっている。気候変動など社会問題解決に向け先端技術への社会的要請が高まっているためだ。ディープテック系スタートアップは、事業化までに時間を要することが多く、これまで資金調達が難しかったが、ベンチャーキャピタル(VC)がファンドの運用期間を長くして投資するケースが出てきた。また量産を手助けするなど資金以外の支援体制も整い始めた。

    Read details

  • ANRI投資先 選出企業11社ご紹介|週刊東洋経済「すごいベンチャー100」 2022年版

    2022.09.15

    ANRI

    先日、週刊東洋経済による「すごいベンチャー100」2022年最新版(2022年9月17-24日合併特大号)が公開され、ANRI投資先が11社選出されました🎉 今回選ばれた11社をご紹介させていただきます! 現在、急成長を遂げている注目企業!採用中の企業も多数ありますので、ご興味ある方はぜひご連絡ください📩✨

    Read details

  • 【私の奨学金の使い道】 給付型奨学金「ANRI基礎科学スカラーシップ」 |ANRI

    2022.09.14

    ANRI

    こんにちは!ベンチャーキャピタル ANRIでは、毎年、給付型奨学金「ANRI基礎科学スカラーシップ」を行なっております。(※現在、第5期募集中!) 今回は、ANRIの奨学金をどのように役立てていただいているのか、ANRI基礎科学スカラーシップ第4期に採択された、九州大学大学院の篠田あかりさんにご紹介いただきます。ぜひ、応募のきっかけやご参考にしていただけたら嬉しいです!

    Read details

  • 【登壇】CoachEd 「なぜ今、キャピタリストがコーチングを学ぶのか?」: 佐俣アンリ

    2022.09.07

    ANRI

    ■イベント概要■ 日時:2022年9月26日(月)18:30-20:00 場所:オンライン(Zoom イベント) ※ビデオオフ・マイクオフでの参加となります。 ※接続⽅法は前⽇までのリマインドメールでお知らせいたします。 会費:無料

    Read details

  • 世界最大の脱炭素特化型ファンド: Breakthrough Energy Venturesの成り立ちから最新動向まで|ANRI

    2022.09.06

    ANRI

    こんにちは!ANRIで蓄電池や脱炭素関連のリサーチをしているインターンのATです。今回はこれまでの記事でも少し触れてきた、世界の脱炭素領域の投資を語る上で避けては通れないBreakthrough Energy Venturesを深掘りします。 近年米国の脱炭素関連スタートアップが大型資金調達やIPOした際にBill Gates氏らの名前と共に紹介され、存在感を高めているBreakthrough Energy Venturesですが、その成り立ちや運営体制、また投資金額や社数といった情報はあまり知られていません。今回はそれらを明らかにすべく、投資を受けているスタートアップではなく、Breakthrough Energy自体に焦点を当てます。

    Read details

  • 深層断面/ディープテック系新興に投資急増 社会問題解決へ先端技術に注目:日刊工業新聞

    2022.09.06

    ANRI

    ディープテック(大規模研究開発型)系スタートアップに対する投資家の関心が高まっている。気候変動など社会問題解決に向け先端技術への社会的要請が高まっているためだ。ディープテック系スタートアップは、事業化までに時間を要することが多く、これまで資金調達が難しかったが、ベンチャーキャピタル(VC)がファンドの運用期間を長くして投資するケースが出てきた。また量産を手助けするなど資金以外の支援体制も整い始めた。

    Read details

  • ベンチャーキャピタルANRI 給付型奨学金プログラム「ANRI基礎科学スカラーシップ」第5期生の募集を開始

    2022.08.18

    ANRI

    独立系ベンチャーキャピタルANRI(本社:東京渋谷区、代表パートナー:佐俣アンリ、以下「当社」)は、数学や物理学、生物学、化学など、実用化には時間がかかるが人類の発展に重要である基礎研究に取り組む学生を対象とした給付型奨学金プログラム「ANRI基礎科学スカラーシップ / The ANRI Fellowship」を2019年より実施しています。 この度、過去4期に続き、第5期生となる奨学金受給希望者を10名募集いたします。

    Read details

  • 「ボーイズクラブ」を変えたい。投資先2割を女性起業家の会社に、ANRIが目標達成を発表 | ハフポスト NEWS

    2022.08.11

    ANRI

    女性起業家を増やし、スタートアップ業界のジェンダーギャップを解消したいーー。 ベンチャーキャピタル(VC、新興企業を対象にした投資会社)のANRI(東京・渋谷)は、運用額250億円規模の4号ファンドで、投資先で女性が代表となる企業の割合を2割以上に高めるという目標を達成したと発表した。 同社によると、4号ファンドで、投資先98社のうち、20社が女性の代表となっている。主な投資先は女性のキャリア支援「SHE」や、キャリアSNSの「YOUTRUST」、家庭料理のテイクアウトサービス「マチルダ」など。運用総額は250億円。

    Read details

  • 研究者が起業を考えたときにまずやるべきこと【知財戦略の落とし穴編】:ANRI 元島勇太

    2022.08.09

    ANRI

    こんにちは、ANRI元島です。ちょっと間が空きましたが前回の資本政策編に続いて、もうひとつの後戻りできない意思決定(One-way door)である知財戦略について、研究者の立場からできること、やってほしいことを考えていきます。

    Read details

  • VCのANRI、起業支援オフィス新設 森ビルと連携で23年: 日本経済新聞

    2022.07.19

    ANRI

    ※2022年7月20日(水)日本経済新聞 紙面でも取り上げていただきました。 ベンチャーキャピタル(VC)が大手デベロッパーと組み、スタートアップ向けのオフィスを開設する動きが相次いでいる。ANRIは森ビルと連携し、2023年1月をめどに起業支援の受け入れ拠点を開く。新型コロナウイルス下でリモートワークが広がるが、創業初期の事業立ち上げには対面の交流が効果的とみている。有望企業を呼び込めれば、エリア全体の活性化にもつながりそうだ。

    Read details

  • 500億円規模で創業期からスタートアップの成長支援、VCのANRIが新ファンド

    2022.07.19

    ANRI

    グローバルでテック銘柄の株価下落が進み、スタートアップを取り巻く環境が大きく変わりつつある一方で、主要なVCがファンドを組成して有力なスタートアップへの投資を強化するような動きも見られる。 DIAMOND SIGNALでも直近でグロービス・キャピタル・パートナーズやGMO VenturePartnersの新ファンドを紹介してきたが、今回新たにファンドを設立したのはANRIだ。 ANRIが7月20日に発表した5号ファンドには産業革新機構やみずほ銀行、グリー、その他国内大手機関投資などが出資。約140億円で一次募集を完了し、最終的には400億円規模を目指すという。

    Read details

  • Venture Capital ANRI Launches ANRI Fund V Worth 40B Yen

    2022.07.19

    ANRI

    Independent venture capital firm ANRI (headquartered in Shibuya-ku, Tokyo; Representative Partner Anri Samata) hereby announces that it has launched ANRI V Investment Limited Partnership (hereinafter referred to as “ANRI Fund V”), with a target corpus of 40 billion yen, or 288 million US dollars. The vehicle has completed its first close at 14 billion yen, with limited partners mainly comprising major Japanese institutional investors, and aims to ultimately raise a total of 40 billion yen. Notwithstanding the current business landscape, we are committed to providing entrepreneurs with end-to-end support from their seed and following rounds by expanding our funding.

    Read details

  • ベンチャーキャピタルANRI 400億円規模のANRI5号ファンドを設立

    2022.07.19

    ANRI

    独立系ベンチャーキャピタルANRI(東京都渋谷区:代表パートナー 佐俣アンリ、以下 ANRI)は、400億円規模となるANRI5号ファンド(ファンド名称:ANRI5号投資事業有限責任組合)の設立を発表いたします。現在、国内大手機関投資家を中心に約140億円にて一次募集を完了し、最終的なファンド総額は400億円規模を目指しております。この景況感であってもより大きなファンドを作ることでシード期から次ラウンドまで一貫して起業家を支援して参ります。

    Read details

  • VCのANRI、女性起業家への投資「2割」達成: 日本経済新聞

    2022.07.12

    ANRI

    独立系ベンチャーキャピタル(VC)のANRI(アンリ)は、ファンドの投資先で女性が代表を務める企業の割合が社数ベースで2割を超えたことを明らかにした。従来の同社の女性起業家への投資比率は5%だったが、2020年に2割以上に高める目標を掲げていた。女性の起業を促す機運をつくり、女性の悩みを技術で解決する「フェムテック」などを手掛ける企業の育成に弾みをつける。

    Read details

  • ベンチャーキャピタルANRI ANRI4号ファンドにおける女性起業家への投資比率目標20%を達成

    2022.07.12

    ANRI

    独立系ベンチャーキャピタルANRI(東京都渋谷区:代表パートナー 佐俣アンリ、以下 ANRI)は、2020年11月末より、4号ファンド投資先のうち女性が代表を務める企業の比率について、最低でも20%以上を目指すポジティブアクションを掲げてまいりました。その取り組みにおいて、20.4%にて目標を達成いたしましたことをご報告申し上げます。

    Read details

  • 与信も結果もない10年前のANRIに出資した。朝倉祐介様×佐俣アンリ対談 | ANRI 10th Anniversary

    2022.06.22

    ANRI

    10周年を迎えたANRI。これまで人に支えられ、その人たちの目にはどんな風に映ってきたのでしょうか。ANRIのファンドに出資いただいた方々にお話をきく対談シリーズ。第一回は、シニフィアン株式会社の代表を務める朝倉 祐介(以下、朝)さんと、ANRI代表パートナー 佐俣アンリ(以下、佐)が対談させていただきました。

    Read details

  • 女性起業家支援プログラム〜ともに学びつながる1日〜 SKⅡ × 渋谷区 × meeTalk / ANRI 代表パートナー 佐俣アンリ

    2022.06.15

    ANRI

    グローバルスキンケアブランドSK-IIと渋谷区、女性起業家コミュニティを運営するmeeTalkが連携し、共同で女性起業家支援プログラムを開催します。新型コロナウィルス感染症の影響を受けた、東京で中小ビジネスを経営する女性起業家・事業主を支援する目的で実施され、無料で参加できます。 ビジネスを継続し、成長させるために必要な学びとネットワークの機会を、強力なパートナー・講師陣とご用意しました。ひとりでも多くの女性起業家の皆さんへ届き、この困難を乗り越えるためのサポートとなることを願っています。

    Read details

  • 世界に通用する、研究開発型スタートアップの最前線|INITIAL

    2022.06.05

    ANRI

    様々な技術の台頭により、目まぐるしくビジネス環境が変化する昨今、その新しい技術を自社でいかに活用して発展させていくのか。そのために、オープンイノベーションを掲げ、研究開発型スタートアップとの連携を推進し、どのように新たな知見の取り込みを行うのか。企業の多くがこのような課題を持っているのではないでしょうか。 一方で、大学発スタートアップの資金調達額は年々増加し2021年には1,000億円を超える調達をしていることや岸田政権が科学技術立国を目指し10兆円規模の大学ファンドの設立を決定したことからも研究開発型スタートアップへの注目が増々高まってきているのがわかります。 これから事業会社が研究開発型スタートアップと更なる成長を目指していく中では、適切なスタートアップとの連携や理解、そしてスタートアップの技術を商用化に向けて進めていく方法が重要なポイントになるのではないでしょうか。 そこで本セミナーでは、独立系ベンチャーキャピタルにて合計約387億円規模のファンドを運営し、全国の大学や研究機関発の技術をもとにした研究開発スタートアップの支援を行うなど、本領域の第一線でご活躍されているANRI株式会社 ジェネラル・パートナー鮫島 昌弘 氏をゲストに迎えます.

    Read details

  • ベンチャーキャピタルANRI 創立10周年 特設サイトにて投資実績のインフォグラフィックスを初公開 :ANRI

    2022.05.24

    ANRI

    独立系ベンチャーキャピタルANRI(東京都渋谷区:代表パートナー 佐俣アンリ、以下 ANRI)は、創立10周年を記念し、特設サイト『ANRI 10th Anniversary』 にて、投資実績のインフォグラフィックスを初公開いたします。 素晴らしい起業家、出資者の皆さま、ANRIにご縁のある全ての方々のご支援のおかげで、2012年ANRI1号ファンド設立から10周年を迎えることができました。心より感謝申し上げます。

    Read details

  • 僕らはVCを創業した起業家だ、ANRI xCoral James対談:ANRI 佐俣アンリ

    2022.04.25

    ANRI

    リーマンショックで景気が底を打った直後の2012年―。引き潮のように金融系VCやCVCがベンチャー投資から撤退して、日本の年間ベンチャー投資額が現在の10分の1以下という規模だった頃、当時日本最年少の独立系VCのジェネラル・パートナー(GP)が誕生しました。当時27歳だった佐俣アンリさんは、まだ独立すること自体が珍しかったベンチャーキャピタリストとして自らの人脈でファンドを組成。ANRIというファンドが生まれたのでした。

    Read details

  • 「スタートアップの成長に向けたファイナンスに関するガイダンス」:経済産業省

    2022.04.14

    ANRI

    ANRI代表パートナー 佐俣アンリが、本ガイダンスの委員を務めさせていただきました。 経営者の個人保証問題について言及させていただき、注記いただきました。 (P20:借入における留意点)

    Read details

  • 研究者が起業を考えたときにまずやるべきこと【資本政策の落とし穴編】|ANRI 元島勇太

    2022.04.12

    ANRI

    こんにちは、ANRI元島です。若干間が空いてしまいましたが、前回の記事では「研究者がスタートアップの起業を考えたときにまずやるべきこと」と題して、後戻りできない意思決定についてお話しました。 今回はその具体例として挙げた資本政策と知財戦略のうち資本政策について、概要と具体的な落とし穴事例についてご紹介いたします。先達に学んで、落とし穴を避けていきましょう!

    Read details

  • 「優秀でフラットな人ほど、苦労する」投資家が語る、起業に向かない人の特徴とは | 起業家の思考法 | ダイヤモンド・オンライン: ANRI佐俣アンリ

    2022.04.06

    ANRI

    3月に『起業家の思考法 「別解力」で圧倒的成果を生む問題発見・解決・実践の技法』を出版した株式会社じげん代表取締役社長の平尾丈氏。25歳で社長、30歳でマザーズ上場、35歳で東証一部へ上場し、創業以来12期連続で増収増益を達成した気鋭の起業家だ。 そんな平尾氏が「別解力の高いビジネスパーソン」として尊敬しているのが、ラクスル株式会社代表取締役・松本恭攝氏と、ベンチャーキャピタリストの佐俣アンリ氏。松本氏は2008年にA.T.カーニーに入社後、2009年にラクスルを創業。2018年に東証マザーズへ上場後、翌2019年に東証一部への上場を果たしている。 佐俣氏はEastVenturesを経て2012年にANRIを設立。シードステージの投資に特化し、4つのフラッグシップファンドと脱炭素特化型 ANRI GREENファンド(累計約400億円)を運営する、若手NO.1ベンチャーキャピタリストだ。2020年には初の著書、『僕は君の「熱」に投資しよう』を出版している。 不確実性が高く、前例や正攻法に頼れない時代に圧倒的な成果を出す「起業家の思考法」について、三人に語っていただいた。 連載の第2回は、佐俣氏が投資する際に「別解力」のフレームで大切にしていることを教えてもらった。

    Read details

  • 「思い」「発想」をつぶさない。カジュアルに寄付を :Forbes Japan

    2022.03.24

    ANRI

    発売中の「Forbes JAPAN」2022年5月号の特集「これからの『お金の使い方』」では、コロナ禍をはじめ大きな社会的役割を果たしたビル&メリンダ・ゲイツ財団、チャン・ザッカーバーグ・イニシアチブをはじめとした、世界および日本の起業家たちが取り組みはじめている「新しいフィランソロピー」の動きを取り上げている。 慈善活動だけでなく、多様な資金提供と活動を駆使して社会的インパクトの実現を目指す「フィランソロピー3.0」と呼ばれている動きだ。このフィランソロピストの動き。そして、社会課題解決を革新的な手法で行う非営利セクターの動きを交えながら、「新しい社会のつくりかた」の進化を見ていく。

    Read details

  • 脱炭素特化型 ANRI GREENファンドが注目する『次世代蓄電池の世界のベンチャー企業動向』

    2022.03.22

    ANRI

    みなさん、こんにちはANRI 鮫島です。 ANRIでは、気候変動や脱炭素に特化したANRI GREENファンドの設立し、前回、ANRI GREENファンドで注目しているリチウムイオン電池に代替する次世代蓄電技術について、そして各技術の特徴や課題について解説しました。 今回は『次世代蓄電池の世界のベンチャー企業動向』についてお届けいたします。

    Read details

  • 脱炭素特化型 ANRI GREENファンドが注目する『次世代蓄電池と課題』|ANRI 鮫島昌弘

    2022.03.01

    ANRI

    みなさん、こんにちはANRI 鮫島です。 ANRIでは気候変動や脱炭素に特化したANRI GREENファンドの設立を発表しました。 今後、リチウムイオン電池の代替となりうる電池の技術が世界で必要とされると予想しており、次世代蓄電池分野について調べてみました。 今後複数回にわたって、インターン生による次世代蓄電池分野の解説記事を掲載したいと思います。

    Read details

  • 狂気のベンチャーキャピタリスト:日経ビジネスX / ANRI ジェネラル・パートナー 鮫島昌弘

    2022.02.23

    ANRI

    2022年1月、ベンチャーキャピタル(VC)のANRI(東京・渋谷)は気候変動、環境問題に特化した新ファンド「ANRI GREEN 1号」の新設を発表した。ファンド総額は100億円を目指すとしており、産業革新投資機構(東京・港)や関西電力グループのK4 Ventures(大阪市)などから既に43億円の出資を集めている。  運用期間が最長15年という異色のファンド設立に奔走したのは、ANRIでジェネラル・パートナーを務める鮫島昌弘氏。鹿児島県私立ラ・サール高校卒業後、東京大学理学部天文学科を経て東京大学大学院理学系研究科天文学専攻に進み、一度は研究者の道を歩もうとした異色のベンチャーキャピタリストだ。  VCは投資家から資金を預かって運用し、高いリターンを戻すことが宿命だ。にもかかわらず、あえてリスクが高く、蓋然性が決して高くない領域に挑むファンドを立ち上げたのはなぜか。鮫島氏の描くベンチャーキャピタリストとしての矜恃(きょうじ)を聞く。

    Read details

  • テクノロジーは高齢化社会にどう向き合っていくのか?|高齢化社会 Vol.2|ANRI 元島 勇太

    2022.02.20

    ANRI

    前回のインタビューでは、高齢化社会そのものの位置付けや、予防医療や治療後の予後管理におけるデジタルヘルスの有用性などについて考えていきました。今回は、その中でも糖尿病という具体的な疾病に注目して、デジタルヘルスとの関係を見ていきます。 糖尿病は、2019年における成人(20-79歳)の有病率が9.3%となっており、少なくない人が直面する病気です。また予防や予後管理の重要性も指摘されており、デジタルヘルスとの関係も深くなっています。 そこで今回は、株式会社Provigateの代表取締役CEOである関水康伸さんをお迎えして、ANRIの元島とともにお話を伺っていきます。(聞き手:石田健)

    Read details

  • ベンチャーキャピタルANRI 給付型奨学金「ANRI基礎科学スカラーシップ/The ANRI Fellowship」4期生10名が決定!!

    2022.02.08

    ANRI

    独立系ベンチャーキャピタルANRI(東京都渋谷区:代表パートナー 佐俣アンリ、以下 ANRI)は、日本の基礎科学研究への支援として、数学や物理学、生物学、化学など実用化までに時間がかかる基礎研究の分野に取り組む学生を対象とした給付型奨学金プログラム「ANRI基礎科学スカラーシップ/The ANRI Fellowship」 を実施しており、この度、第4期生となる10名が決定したことをお知らせします。

    Read details

  • 【ANRI登壇情報 / ANRI 鮫島昌弘】気候変動特化型VCファンドの未来を実装する

    2022.02.03

    ANRI

    ANRI の鮫島さんにお越しいただき、気候変動・環境問題特化型ファンドの未来についてお話を伺います。 イベント日時 2022 年 2 月 9 日(水) 18:10 ~ 19:00 社会実装 Discord の Stage チャンネルにて開催します

    Read details

  • 【登壇情報 / ANRI 鮫島昌弘】Startup Academia Meetup Vol.3「今VCが投資したい大学発ベンチャーとは」

    2022.02.03

    ANRI

    スタートアップエコシステム・東京コンソーシアムに参画する4大学(東京工業大学、慶應義塾大学、東京医科歯科大学、東京大学)によって立ち上げられ、コンソーシアム内の協力機関や他のプラットフォームとともに、東京を中心とする地域におけるグローバルな大学発スタートアップ・エコシステムの育成・醸成を目指す「イノベーションデザイン・プラットフォーム(IdP)」。 そのIdPのエコシステムの中で関係者同士で情報を共有したネットワークを強め、かつ大学発ベンチャーが生まれる環境を作り上げるミートアップ勉強会を開催しています。もちろん、エコシステムの醸成のためにIdP関係者以外もぜひご参加くださいませ。 第3回目は、独立系ベンチャーキャピタルとして合計約300億円規模のファンドを運営中のANRI株式会社 ジェネラル・パートナーである鮫島 昌弘様をお招きし、「今VCが投資したい大学発ベンチャーとは」をテーマにお話しいただきます。 大学発ベンチャーの関係者の皆様、アカデミック・アントレプレナーの皆様、VCの皆様、民間企業で大学発ベンチャーとの連携を実践または構想されている方々、CVCの皆様、大変貴重な機会ですのでぜひご参加くださいませ。

    Read details

  • 佐俣アンリ 女性起業家に積極投資「20%」明示した訳:日経xwomen ARIA

    2022.02.02

    ANRI

    女性活躍推進やD&I(ダイバーシティ&インクルージョン)は、もはや企業の努力目標ではありません。持続的な成長のための必須要件になりました。そこで、多様性のある組織づくりを積極的に進める企業のトップ、ジェンダーギャップの解消につながる施策を打ち出す投資家に、今の思いを聞きました。彼らは「女性にげたを履かせているのでは?」という批判にどう答えるのでしょうか。 編集部(以下、略) 佐俣さんが代表パートナーを務めるベンチャーキャピタル(成長性が見込める未上場企業に対して出資を行う投資会社、以下VC)「ANRI(アンリ)」は、4号ファンド(運用額250億円)の投資先企業数のうち2割を、女性が代表を務める会社に投資するという方針を2020年11月に表明しました。その理由は?

    Read details

  • 日本から世界を牽引する「グリーン・ジャイアント」の創出へ、ANRIが気候変動ファンドを立ち上げた理由|DIAMOND SIGNAL

    2022.01.27

    ANRI

    2050年には日本を代表し世界を牽引するグリーン・ジャイアントと呼ばれるような企業を創出したい──。そう話すのは独立系VCのANRIでジェネラル・パートナーを務める鮫島昌弘だ。 現在4つのファンドを通じて累計約350億円を運用するANRIでは、2012年の1号ファンド設立時よりシード期のスタートアップへの投資に注力してきた。2017年に立ち上げた3号ファンドからは投資対象を拡張し、鮫島氏らを中心に研究開発型のディープテック企業の支援にも積極的に取り組んでいる。 そんなANRIが、1月26日に気候変動や環境問題に特化した新ファンド「ANRI GREEN 1号(以下 グリーンファンド)」の運用を始めた。

    Read details

  • ビル・ゲイツも注目する“気候変動特化“のVCファンドが増加、日本でもANRIが100億円ファンド:DIAMOND SIGNAL

    2022.01.25

    ANRI

    先進国を筆頭に世界各国で温室効果ガスの排出を実質ゼロにする、カーボンニュートラルを長期目標に掲げる流れが加速している。これを背景に、脱炭素や気候変動領域に特化したVCファンドが増え始めている。

    Read details

  • VC、脱炭素特化で新興投資 ANRIは100億円ファンド:日本経済新聞

    2022.01.25

    ANRI

    脱炭素に貢献するスタートアップへ投資する特化型ファンドが広がってきた。ベンチャーキャピタル(VC)のANRIは運用額100億円規模を目指すファンドを新設した。環境関連技術を意味する「クリーンテック」への関心が世界的に高まるなか、トヨタ自動車やKDDIも脱炭素戦略の一環で設立している。VCの参入でマネー流入が加速すれば、新興勢の成長に弾みがつく。

    Read details

  • 【Press Release】ベンチャーキャピタルANRI 気候変動・環境問題特化型の新ファンド「ANRI GREEN 1号」を設立

    2022.01.25

    ANRI

    ベンチャーキャピタルANRI 気候変動・環境問題特化型の新ファンド「ANRI GREEN 1号」を設立 〜最長15年で運用、ANRIの強みであるシード期からの投資に特化し、総額100億円を目指す〜 独立系ベンチャーキャピタルANRI(本社:東京渋谷区、代表パートナー:佐俣アンリ、以下「当社」) は、現在運用中の4つのフラッグシップファンドとは別に、気候変動・環境問題に特化した新ファンド「ANRI GREEN 1号」(ファンド名称:ANRI-GREEN 1号投資事業有限責任組合員)の設立を発表いたします。

    Read details

  • 慶応サークル仲間の縁も支え 27歳で起業したVB投資家(下) : NIKKEI STYLE『リーダーの母校』 |ANRI 佐俣アンリ

    2022.01.16

    ANRI

    大手企業などの後ろ盾がない独立系ベンチャーキャピタル(VC)として着実に存在感を増しているANRI(アンリ、東京・渋谷)。投資先には印刷・物流サービスのラクスルやユーチューバーのマネジメントを手掛けるUUUMなど上場した企業も少なくない。代表パートナーの佐俣アンリ氏は自ら27歳で同社を創業した起業家だ。慶応義塾志木高校(埼玉県志木市)から慶応大経済学部に進み、リクルートに就職したものの2年半で辞め、学生時代から心引かれていたベンチャーキャピタルの世界に飛び込んだ。だが「レールを外れるのは怖かった」と振り返る。

    Read details

  • 研究開発型スタートアップ: 発信する投資家のBruce Booth|ANRI 宮﨑勇典

    2022.01.11

    ANRI

    ANRI 宮﨑です。あけましておめでとうございます。今年も発信を引き続きやっていこうと思っていますので、よろしくお願いいたします。 ARCH/Nelsenについて簡単な記事をいくつか書きました。 欧米などのスタートアップの経営者や投資家は何をやっているんだ・誰がいるんだっていう紹介もしていきたいと思います。今回は、Bruce BoothというAtlas Venturesのパートナーを取り上げたいと思います!

    Read details

  • 日経ビジネス 2022年1月10日号誌面 / 電子版 掲載 「未来の孫正義」を生めるか 起業家の目を覚ます 日本上陸の余波|ANRI 佐俣アンリ

    2022.01.09

    ANRI

    「スタートアップが育たず、産業の新陳代謝が進まない」──。日本の経済成長が停滞している要因の決まり文句だ。そんな状況を変えるきっかけとなるかもしれない。ソフトバンク・ビジョン・ファンドの日本上陸は、関係者にそんな期待を抱かせる「名刺代わりの一発」だった。  2021年10月、日本第1号となったのは製薬スタートアップ、アキュリスファーマ(神奈川県藤沢市)。ビジョン・ファンドなど6社からの調達額は68億円に上った。

    Read details

  • 慶応志木高の「好き勝手」 気鋭のVB投資家を育む : NIKKEI STYLE『リーダーの母校』 |ANRI代表パートナー 佐俣アンリ

    2022.01.09

    ANRI

    ※2022年2月1日 日経産業新聞朝刊にも掲載いただきました。 起業家のかいわいでこの人の名を知らない人はいないだろう。独立系ベンチャーキャピタル(VC)ANRI(アンリ、東京・渋谷)の代表パートナー、佐俣アンリ氏(37)。学生の頃からVCに興味を持ち、リクルート、著名なベンチャーキャピタリスト・松山太河氏のカバン持ちを経て、27歳の時、一人でANRIを立ち上げた。 当時2600万円だった運用ファンドは10年で累計約350億円にまで膨らみ、最近は女性起業家への積極投資でも注目を集める。幼稚園から中学校までを埼玉大学教育学部付属(さいたま市)で過ごし、慶応義塾志木高(埼玉県志木市)、慶応大経済学部へと進んだ佐俣氏。国立と私立それぞれの一貫教育でどんなことを学んだのか。

    Read details

  • 研究者がスタートアップの起業を考えたときにまずやるべきこと|ANRI 元島勇太

    2021.12.21

    ANRI

    ANRI 元島です。前回・前々回までは研究開発型スタートアップが補助金を獲得するための心構えとTipsについて書きました。 補助金シリーズは一旦お休みです。 今回からは何回かにわけて研究者の起業にあたって気を付けてほしいことをまとめていきます。特に起業前にフォーカスしていきます。 研究開発型スタートアップではご相談にいらした時点でのっぴきならない状態になり、支援する術もなく涙を飲むということがあります。最近は情報の量も増え、そのようなケースは減少傾向ではありますが、せっかくの開発されたシーズがそのようなことにならないように、という願いを込めて気を付けるべきことを書き記しておきます。おそらく研究者以外にもお役に立つのではないかと思います。どこかの誰かが助かれば嬉しいなと願っております。

    Read details

  • ベンチャーキャピタル、「勝者がより勝者に、強者がより強者に」:Forbes JAPAN

    2021.12.13

    ANRI

    発売中のForbes JAPAN2022年1月号の特集「日本の起業家 ランキング2022」では、海外機関投資家からの資金流入をはじめ、続々とユニコーンが誕生するなど、ゲームチェンジさなかの「新たなフェーズ」に突入した日本のスタートアップ・エコシステムの全貌について掲載している。 今後、ウェブ版では「スタートアップ・トレンド」と称して、著名投資家20人以上へのインタビューを連載形式で掲載していく。Vol.6では、MINERVA GROWTH PARTNERS・創業パートナーの長澤啓・村島健介、ANRI・代表パートナーの佐俣アンリへのインタビューを掲載する

    Read details

  • 技術トレンド解説〜AIセキュリティ・AIの品質保証編|ANRI 鮫島昌弘

    2021.12.07

    ANRI

    こんにちは、ANRI 鮫島です。 前回のnoteでは、「技術トレンド解説〜XAI:説明可能なAI編」という記事を書きました。今回も引き続き、情報セキュリティ分野のリサーチインターン生による最先端の技術の解説記事です。 1. はじめに こんにちは!ANRIリサーチインターン生の太極拳です。今回の記事では前回に引き続きAIの倫理をテーマに、倫理要素の一つである頑強性と関係の深い、AIのセキュリティと若干AIの品質保証について解説していきたいと思います。分かりやすさを優先しているため、学術的に厳密でないところもございますが、何卒ご容赦ください。

    Read details

  • (VCの投資眼) 起業家の卵と研究者 結ぶ 「ディープテック」開拓へ: 日本経済新聞 |ANRI 佐俣アンリ

    2021.12.06

    ANRI

    独立系ベンチャーキャピタル(VC)のANRI(アンリ、東京・渋谷)が、研究開発型の「ディープテック」への投資を本格化している。理系出身の人材を投資家に迎えるほか、大学の研究室と起業家の卵をマッチングし会社設立を後押しする。IT(情報技術)領域を中心としていたVCがディープテック投資にどう乗り出すのか、佐俣アンリ代表パートナーに聞いた。

    Read details

  • ARCH Bob Nelsenの投資家キャリアの始まり|ANRI

    2021.11.30

    ANRI

    ANRI 宮崎です。前回の記事では米国を代表する、研究開発型スタートアップに投資するVC ARCHの投資家Bob Nelsenについて書きました。彼の代表的な投資先にゲノム解析技術を開発するIlluminaがあります。Illuminaの上場時の資料にディープダイブすると、Bob Nelsenの投資哲学を理解するための手がかりがたくさんあります。

    Read details

  • 金融機関21社、環境・社会課題解決を目指す「インパクト志向金融宣言」に署名 | ANRI

    2021.11.28

    ANRI

    本日、下記の金融機関21社(以下、「署名機関」)は、「インパクト志向金融宣言」(以下、「宣言」)に署名しました。宣言においては、民間金融機関が組織の目的として、投融資先の生み出す環境・社会への変化(以下、「インパクト」)をとらえて環境・社会課題を解決するという考え方(インパクト志向)を持つことを前提に、創出されるインパクトを測定・マネジメント(以下、「インパクト測定・マネジメント(IMM)」)を実施したうえでの投融資判断を推進するために、署名機関が互いに連携して活動していきます。

    Read details

  • 「保育所に看護師、病気お迎え減らす」働き方変化は商機: 日本経済新聞|ANRI代表 佐俣 アンリ

    2021.11.24

    ANRI

    中部で女性起業家が徐々に増えている。男性中心のメーカーが多い土地柄ながら、女性の社会進出が進んで共働きが定着。家事や子育て、教育が起業の新たなチャンスになっている。育児の主な担い手としての経験や、深く悩んで得た思いを事業の糧にする経営者に迫った。

    Read details

  • ソフトバンクGファンド出資の新興「睡眠障害を解決」: 日本経済新聞 |ANRI投資先:アキュリスファーマ

    2021.11.18

    ANRI

    (弊社代表 佐俣のコメントも掲載されております) ソフトバンクグループ(SBG)傘下のソフトバンク・ビジョン・ファンド(SVF)が初めて出資した国内スタートアップ、アキュリスファーマ(神奈川県藤沢市)は、睡眠障害の問題に取り組むことを主力ビジネスとする方針だ。同社の綱場一成社長は「睡眠障害の経済損失は15兆円。社会課題を解決したい」と強調した。まず睡眠障害の治療薬の国内販売を目指す。 アキュリスの綱場社長が日本経済新聞の取材に応じた。同社は10月末、SVFなど国内外の投資家6社から68億円を調達したと発表した。会社設立は2021年1月。創業1年未満としては多額の資金調達となった。まずは欧米で製造販売が承認されている睡眠障害の治療薬「ピトリサント」の日本での販売を目指す。

    Read details

  • 研究開発型スタートアップの投資家:Bob Nelsenは新卒VC | ANRI 宮﨑勇典

    2021.11.16

    ANRI

    ANRI 宮崎です。 ARCHについて書いた前回の記事「米国を代表するVC ARCHに学ぶ研究開発型スタートアップへの投資哲学とイノベーション戦略とは?」に続き、ARCHの中のBob Nelsenに焦点を当ててご紹介したいと思います。彼がどう言った経緯でVCになってたのでしょうか。キャリアとしてVCを考えている方の一助になればと思います。

    Read details

  • 研究開発型スタートアップと補助金を獲得するためのTips編|ANRI 元島勇太

    2021.11.09

    ANRI

    こんにちは、ANRI 元島です。 前回のnoteでは、「研究開発型スタートアップが補助金を獲得するための心構え」という記事を書きました。 前回は主に心構えと資料の読み方のさわりをお伝えしました。要点は以下の3点です。 - 補助金は国や自治体の共同プロジェクトである - 資料をちゃんと読み、相手を理解しニーズに応えよう - アラインできれば国や自治体があなたの事業を後押ししてくれる 今回はもう少し具体的なTipsです。 当り前のことばかり述べているように感じられるかと思いますが、当たり前のことを根気よく精度よくやるのが大切だと思います。事例は引き続きNEDOのSTS(シード期の研究開発型スタートアップに対する事業化支援の助成事業)です。

    Read details

  • ビジョン・ファンド参戦、「研究型」新興企業にチャンス: 日本経済新聞|ANRI 佐俣 アンリ

    2021.11.04

    ANRI

    ソフトバンクグループ(SBG)傘下の「ビジョン・ファンド(SVF)」が国内のスタートアップ投資を開始した。一度に数十億円を出資するSVFの出現はロボット、創薬など研究開発に必要な資金が膨大な「ディープテック」の国内スタートアップにとって、製品の量産や海外展開を一気に進めるチャンスになり得る。 SVFにとって国内で第1号案件となったアキュリスファーマ(神奈川県藤沢市)は、海外で有効性が確認されている医薬品を日本で流通させることを目指すスタートアップだ。中長期的には自社創薬も検討している。1月に設立されたばかりだが、SVFなど6社から調達した金額は68億円を記録した。情報サービスのイニシャル(東京・港)によると、2020年における国内スタートアップの資金調達額は1社あたり平均で約3億円。創業初期の68億円は国内基準では異例の巨額だ。

    Read details

  • テクノロジーは高齢化社会にどう向き合っていくのか? |高齢化社会Vol.1:ANRI 元島 勇太

    2021.11.01

    ANRI

    2019年時点で、日本の65歳以上人口は3,589万人となっており、総人口に占める割合(高齢化率)は28.4%と3割に迫っています。 少子高齢化が社会的な課題と認識されているものの、そこに対する抜本的な解決は見えないままです。では、この問題にテクノロジーはどのようなアプローチができるのでしょうか? ANRIのベンチャーキャピタリスト 元島 勇太と共に考えていきます。 (聞き手:石田健)

    Read details

  • VCのANRI、病児保育NPOと提携 起業家の育児を支援:日本経済新聞|ANRI

    2021.10.31

    ANRI

    ※2021年11月16日日経産業新聞紙面でも掲載いただきました。 ベンチャーキャピタル(VC)のANRI(アンリ、東京・渋谷)がNPO法人と組み、投資先の起業家向けに子どもの病児保育サービスを始めた。認定NPO法人のフローレンスと提携した。起業家の子どもが病気の際、保育のスタッフが自宅を訪問する。ANRIは一部費用を負担する。投資先の支援を厚くし、家庭と企業経営の両立を促す。

    Read details

  • 独立系ベンチャーキャピタル「ANRI」× 子育て支援NPO「フロー レンス」起業家が安心して仕事と育児を両立できる社会を目指し提携

    2021.10.31

    ANRI

    ーANRI 投資先起業家支援としてフローレンスの訪問型病児保育サービスの提供開始ー スタートアップ企業への投資を行う独立系ベンチャーキャピタルANRI(本社:​​東京渋谷区、代表パートナー:佐俣アン リ、以下ANRI)と、国内親子領域の社会課題解決を推進する認定NPO法人フローレンス(本社:東京都千代田区、代表 理事:駒崎 弘樹、以下 フローレンス)は、このたび提携し、ANRIが投資する起業家に向け、投資先支援の一環として、 訪問型病児保育サービスを提供してまいります。

    Read details

  • VC佐俣アンリ、女性起業家への積極投資で見えてきた「新しい世界」:Forbes Japan|ANRI 佐俣アンリ

    2021.10.31

    ANRI

    「我々が女性起業家を選んでないのではなく、女性起業家が我々を選んでいなかった」 こう語るのは、ベンチャーキャピタルANRI代表パートナーの佐俣アンリだ。ANRIは2020年11月、運用額250億円というシードファンドとして日本でトップ5に入る規模の4号ファンドにおいて、全投資先のうち最低でも20%を女性が代表を務める企業とする投資方針を定めた。国内のベンチャーキャピタルとしては初めての取り組みとなる 起業家や投資家、ベンチャーキャピタルにおける女性比率の低さを改善するための取り組みだが、実際動いてみると、思わぬ発見もあり、新しい世界が見えてきたという。

    Read details

  • ソフトバンク「巨大ファンド」がほれた製薬企業の実力 | 14兆円ファンドが日本で初の投資 :週刊東洋経済|ANRI 宮﨑 勇典

    2021.10.31

    ANRI

    巨大ファンドの“上陸”に日本の起業家たちは期待を高めているはずだ。 ついに、「第1号案件」が決まった。ソフトバンクグループ傘下で14兆円もの巨額資金を運用する「ソフトバンク・ビジョン・ファンド(SVF)」が、日本のベンチャー企業に初めて投資した(SVFの2号ファンドの全投資先一覧はこちら)。 投資先はバイオベンチャーのアキュリスファーマ(神奈川県藤沢市)。2021年1月に設立されたばかりだが、事業の初期段階である「シリーズA」の資金調達でありながら、投資家6社からいきなり総額68億円を集めた。

    Read details

  • 技術トレンド解説〜XAI:説明可能なAI編|ANRI 鮫島昌弘

    2021.10.26

    ANRI

    先日、AIの品質保守の自動化ツールを提供するCitadel AI社への投資を発表しました。 AIが実装された後の社会を予想してAfter AIの時代にどんなサービスが必要かを検討し、「Explainable AI:説明可能なAI (XAI)」のテーマを追っていた中で、Citadel AIと出会い、投資実行となりました。 今回の記事では、After AI時代に益々重要性が増すであろうAI倫理、特に説明可能なAI(XAI)をご紹介します。

    Read details

  • VCドクター、投資先を目利き 感性や人脈が決め手に: 日本経済新聞 |ANRI 宮﨑勇典

    2021.10.21

    ANRI

    理系の博士号を持つベンチャーキャピタリストが、先端技術を担うスタートアップを見いだし育てている。「ディープテック」と呼ばれるバイオや宇宙などの領域の技術を見極めて投資し事業化を支えるうえでは、研究歴に裏打ちされた専門性が役に立つ。主要なベンチャーキャピタル(VC)の半数近くが採用を希望する「VCドクター」が、どのようにテック企業を目利きしているのかを探った。

    Read details

  • 研究開発型スタートアップに投資する国内VCリスト|ANRI

    2021.10.19

    ANRI

    こんにちは、ANRIでインターンしている博士です。 東京大学大学院の博士課程に在籍しながら、ANRIディープテックチームで昨年9月よりインターンをしております。今回は、主にシードステージの研究開発型スタートアップに投資するVCをリストアップして、その特徴について書きたいと思います。研究開発型スタートアップで起業して、資金調達を受けたい際などにぜひ参考にしてみてください。 できるだけ網羅的にリストアップしたかったのですが、今回のnoteで公開するリストでは、NEDO(国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構)の認定VC(Appendix 1. NEDOが定める認定VCとは?を参照してください)37社を取り上げました。

    Read details

  • VCが理系博士の採用を拡充 主要50社、本社調査: 日本経済新聞 |ANRI取材協力

    2021.10.19

    ANRI

    ベンチャーキャピタル(VC)が相次いで理系博士号を持つ人材の採用に乗り出す。日本経済新聞社が主要VCにアンケート調査したところ、コーラル・キャピタルなど9社が1年以内の採用を希望していることが分かった。脱炭素やロボットなど「ディープテック」と呼ばれる分野の有望スタートアップを狙い、先端技術を評価できる人材のニーズが高まっている。 9月下旬に国内の主要VC50社を対象にアンケート調査し、33社から回答を得た。理工系や医歯薬系の博士号を持つ人材の採用意向を聞くと、約半数の16社が1年以内に「採用したい」と答えた。すでに理系博士が働くVCを除くと、22社のうち約4割にあたる9社が意欲を示した。

    Read details

  • 「清貧こそ良い」を変えるとき。ビジネスパーソンは社会課題にどう取り組む?【PEPサミット2021】|ANRI 佐俣アンリ

    2021.10.09

    ANRI

    メルカリの山田進太郎さん、ISAKジャパンの小林りんさん、ANRIの佐俣アンリさんが登壇。「経済人のつくるエコシステム」をテーマに議論しました。 政策起業家のプラットフォームPEPは10月5日、様々な立場の人が力を結集して社会課題に取り組むためのエコシステムについて議論するサミット「PEPサミット2021〜扉をひらこう」を開催した。 「経済人のつくるエコシステム」をテーマにしたセッションでは、社会課題の解決のために私財を投じたり、企業活動を通じて問題解決を目指したりするビジネスパーソンが登壇。エコシステムの新しい形をめぐって意見を交わした。

    Read details

  • 2021年11月号「文藝春秋」遺贈・寄付特集|「社会と接続できている実感値」が人間の幸せを決める:ANRI 佐俣アンリ

    2021.10.07

    ANRI

    2021年11月号「文藝春秋」に取材いただき、弊社代表パートナー 佐俣の記事が掲載されております。 今回、遺贈・寄付特集の中で寄付についてお話させていただきました。 宜しければご覧ください。

    Read details

  • 米国を代表するVC ARCHに学ぶ研究開発型スタートアップへの投資哲学とイノベーション戦略とは?|ANRI 宮﨑 勇典

    2021.10.12

    ANRI

    こんにちは、ANRI 宮崎です。 ANRIにて主にディープテックへの出資を担当しております。 ディープテック投資が進んでいる欧米ではどういうことが行われているか、どういうキャリアの人材が流れているか等、大学院生らとまとめたものを、少しずつ紹介していきたいと思っています。 最近の記事でModernaについて触れましたが、今回は米国の技術関係のVCとして他と一線を画すARCH Ventures Partnersについてです。ディープテックの投資家の代表格の一つであり、様々な記事に取り上げられていますが、簡単にご紹介します。お付き合いください。

    Read details

  • 研究開発型スタートアップが補助金を獲得するための心構え|ANRI公式note 元島勇太

    2021.10.05

    ANRI

    こんにちは、ANRI 元島です。 ANRIにて主にディープテックへの出資を担当しております。前職であるJST(科学技術振興機構:科学技術振興を目的として設立された文部科学省所管の国立研究開発法人)での経験・今まで研究者や起業家の皆さんの補助金申請をサポートしてきた経験を踏まえ、今回は「補助金」に関してお話しようと思います。

    Read details

  • Modernaの誕生から読み解く研究開発型スタートアップ投資の進化|ANRI公式note 鮫島昌弘

    2021.09.28

    ANRI

    ANRIのディープテックスタートアップ投資 ANRIではこれまで40社以上の研究開発型スタートアップへの投資を実行してきました。独自の無線通信技術を基にインフラのDXを推進するソナス社や太陽光発電事業所向けにサービスを展開するヒラソル・エナジー社等のIoT領域、いちごの受粉・収穫を行うHarvestXや宇宙用汎用型ロボットを開発するGITAIなどのロボティクス領域、ALS等の神経疾患治療薬を開発するJiksak Bioengineering社などのライフサイエンス領域、高精度で心臓病の予測・発見を行うシステムを開発するカルディオインテリジェンス社などのヘルスケア領域、と幅広い研究開発分野でシード期からの支援を行なっています。いま日本で研究開発型スタートアップへの投資が盛り上がる中、僕らが何を目指しているのか、Modernaの誕生に絡めて話していきたいと思います。

    Read details

  • 株式会社デジタリフトが上場いたしました

    2021.09.27

    ANRI

    経営課題解決をデジタル技術で支援するコンサルティング企業、株式会社デジタリフト(本社:東京都港区西麻布、代表取締役:百本 正博)は、本日2021年9月28日をもって、東京証券取引所マザーズ市場へ新規上場いたしました。お取引様をはじめ、関わるすべての皆様のご支援、ご高配に心より御礼申し上げます。

    Read details

  • 【登壇情報】PEPサミット2021 - 扉をひらこう|ANRI 佐俣アンリ

    2021.09.21

    ANRI

    日時:10月5日(火) 14:00-17:00 オンライン配信 @YouTube Live 参加費:無料(事前登録を頂いた方にURLをお知らせします) 佐俣登壇予定:Session 2 - B. 経済人のつくるエコシステム 申込はこちらから(10月3日(日)締め切り)

    Read details

  • ソーシャルセクターは「脱清貧」を : 日本経済新聞 |ANRI 佐俣アンリ

    2021.09.21

    ANRI

    私はこの10年間、ベンチャーキャピタル(VC)で約90社のスタートアップに投資してきた。将来の高い成長率に期待して投資するのが仕事だ。しかし、世の中にはこの形態には合わない業界がある。NPO法人などの「ソーシャルセクター」だ。 例えばNPO法人フローレンスは病児保育を手掛ける。ダウン症などの先天的障害を持つ子どものケアも行っているが、ビジネス的に言えば全く「もうからない」。全ての課題はスタートアップで解決できると説く人もいるが、非営利でないと解決できない課題は多い。

    Read details

  • 起業の連鎖が始まる予感 増える大手出身、日本変えるか: 日本経済新聞

    2021.09.07

    ANRI

    デジタル化や産業構造の転換のスピードが遅く、停滞感を否めない日本。課題は山積するが、日々の取材で変化の兆しも感じてきた。さまざまな経歴の起業家が増え、人材の流動化を促しているのではないか、ということだ。 実際、どうなのだろう。主要ベンチャーキャピタルのひとつ、ANRIの協力で、同社が投資するスタートアップ企業のうち集計が可能な起業家143人について、その歩みを調べてみた。

    Read details

  • ANRI投資先16社ご紹介|週刊東洋経済「すごいベンチャー100」 2021年選出企業| ANRI公式note

    2021.08.31

    ANRI

    先日、週刊東洋経済による「すごいベンチャー100」2021年最新版(2021年8月30日発売号)が公開され、弊社の投資先が16社選出されました🎉 そこで本日は、選ばれた16社を一挙ご紹介いたします! 絶賛採用中の企業も多数ありますので、ご興味ある方はぜひご連絡を📩✨

    Read details

  • ANRI基礎科学スカラーシップ3期生の研究発表会を行いました! | ANRI公式note

    2021.08.30

    ANRI

    ベンチャーキャピタルANRIでは、2019年より先端の基礎研究に取り組む若手研究者を対象とした給付型奨学金プログラム「ANRI基礎科学スカラーシップ」を実施しております。年に1度、ご応募の機会を設けておりますので、ご興味のある方はぜひANRIメルマガをご登録いただき情報をチェックしてみてください! さて、先日、ANRI基礎科学スカラーシップ3期生(2020年採択者)の研究発表会をオンラインで開催いたしました♪ 本日はその様子をお届け致します!

    Read details

  • すごい人が教える、必ず読んでおきたい「すごい本」 | 佐俣アンリ掲載

    2021.08.26

    ANRI

    本棚を覗くと、その人が何を考えているのかが分かる。 今回、「すごい人」の頭の中を垣間見るべく、各領域で活躍する6名の方におすすめの本を紹介してもらった。 ビジネスで一番大切なこと、世界を正しく捉えるための視点、本当に必要とされる人材になるための方法など、すごい人たちのお墨付きの6冊。 ビジネス界でしのぎを削る“あの人”は、一体どんな言葉を読んで、何を感じたのか―― きっと、明日からの仕事のヒントを見つけられるはずだ。

    Read details

  • 若手育成、VC業界の課題に 人材の「好循環」構築|日経産業新聞

    2021.08.25

    ANRI

    日本のスタートアップ投資は、米国や中国と比べ桁違いに少ない。 ベンチャーエンタープライズセンター(VEC、東京・千代田)によると、2020年のVC投資金額は日本は1512億円で、米国の16兆6775億円、中国の3兆232億円に遠く及ばない。VCファンド組成額も日本は4581億円で、米国の7兆8583億円、中国の3兆7725億円に比べ低い。投資水準を高めるには、VCの増加と規模の拡大が欠かせない。 ベンチャーキャピタリストの育成は、スタートアップ業界全体の課題だ。小規模のVCでは若手に教育を施す余裕がない場合もある。そこで業界団体の日本ベンチャーキャピタル協会(JVCA、東京・港)が投資実務の習得やネットワーク作りを目的に「ベンチャーキャピタリスト育成研修」を実施し、04年以来のべ1500人が受講した。

    Read details

  • スタートアップこそ多様性を VCのANRI、若手が一石:日経産業新聞|ANRI江原ニーナ

    2021.08.14

    ANRI

    (本内容は、2021/08/10 日経産業新聞 朝刊紙面にも掲載されました) ベンチャーキャピタル(VC)のANRI(東京・渋谷)で投資業務を担当する江原ニーナ(24)は、男性中心になりがちだった日本のスタートアップ業界に新しい風を吹き込もうとしている。高校時代の米国留学で気付いた多様性の大切さを信条に、男女問わずに起業家の育成に奔走する。

    Read details

  • 投資マネー、もっと女性起業家に 男性中心に変革の兆し|ANRI 佐俣アンリ

    2021.08.04

    ANRI

    男性が中心の投資の世界で、女性起業家がもっと資金を集めやすくしよう――。新興企業に投資するベンチャーキャピタル(VC)に、そんな機運が生まれている。女性起業家はまだ少なく、事業の内容や将来性への理解が広がらず、投資マネーも行き届きにくい。お金の流れの多様化は、ジェンダー平等につなげられる可能性も秘める。  独立系VCのANRI(東京都)は昨秋、運用する250億円規模のファンドの投資先について、全体の2割を女性起業家にすると宣言した。それまではわずか5・8%。宣言後、優秀な女性起業家らとのつながりが生まれ、佐俣アンリ代表(37)は「これまで僕らが声をかけてもらえていなかった人に、連絡をもらえるようになった」。

    Read details

  • ハードウェアスタートアップの命運を分ける資金調達の落とし穴 | ANRI note

    2021.07.29

    ANRI

    ANRIでインターンしている博士です。 上の写真は超音速ベンチャーAerion Supersonicの機体のイメージ画像です。この美しい機体を2004年から開発していたベンチャーは今年2021年5月に事業を停止しました。 早く結論を読みたい方は、「なぜ資金調達に失敗したのか?」の章から読んでみてください。 超音速機で旅する移動革命時代に生きる私たち 超音速輸送機(SST)の開発が活発で、様々なベンチャーが超音速の大型旅客機や小型のビジネスジェットを開発・販売に挑戦しています。例えば、以下のような記事を目にする機会が増えたのではないでしょうか?

    Read details

  • 「やめないを繰り返す」:研究者の知的好奇心が人類の新たな常識をつくる |ANRI基礎科学スカラーシップ対談

    2021.07.28

    ANRI

    先日、弊社で2019年から続けている給付型奨学金の取り組みである「ANRI基礎科学スカラーシップ」の第4期生募集を開始いたしました! 数学、天文学、物理学など、実用化に時間がかかる基礎研究。そのため、実用化に近い研究に比べ、研究費が集まりにくいのが実情です。しかしながら、人類の発展にとても重要な研究です。 10年後、20年後、それよりもっと先の未来、自分の研究がきっかけで、人類の課題解決へ導いたり、私たちの生活を豊かにしてくれるかもしれない。そう信じて研究している方たちにとって、ANRIの給付型奨学金はどのように受け取ってもらえているのか。 今回、第1期生の須藤貴弘さんと弊社の担当であるジェネラル・パートナー鮫島昌弘にお話を伺ってみました!

    Read details

  • 「10Xに期待しているのはただ1つ」シリーズBの資金調達で投資家たちが感じるポテンシャル | ANRI 河野純一郎 & 投資先 10X

    2021.07.28

    ANRI

    2021年7月28日、10XはシリーズBで15億円の資金調達を発表しました。 今後は小売チェーンのECを開発不要で垂直立ち上げするプラットフォーム「Stailer」をより加速度をあげて拡大させていくのですが…そもそも、投資家の方々は10Xにどのような期待をしているのでしょうか? さっそく、出資元であるDCMベンチャーズの原 健一郎さんとANRIの河野純一郎さん、10X代表である矢本真丈へのインタビューを実施。3名から飛び出したのは、投資家から見た10Xのポテンシャル、このタイミングで資金調達を実施した理由、そして10Xに期待する“たった1つのこと” ──。

    Read details

  • ベンチャーキャピタルANRI 給付型奨学金プログラム「ANRI基礎科学スカラーシップ」第4期生の募集を開始!

    2021.07.14

    ANRI

    独立系ベンチャーキャピタルANRI(本社:東京渋谷区、代表パートナー:佐俣アンリ、以下「当社」)は、数学や物理学、生物学、化学など、実用化には時間がかかるが人類の発展に重要である基礎研究に取り組む学生を対象とした給付型奨学金プログラム「ANRI基礎科学スカラーシップ/The ANRI Fellowship」を2019年より実施しています。 この度、過去3期に続き、第4期生となる奨学金受給希望者を10名募集いたします。

    Read details

  • 男性の育休取得を促進 スタートアップが相次ぎ新制度:日本経済新聞社|投資先 10X , ANRI

    2021.07.12

    ANRI

    スタートアップが男性社員の育児休業を取得しやすい仕組みづくりに動き出した。関連法の改正を受け、育休中に最大70万円を支給するといった支援制度が相次ぐ。普段から複数人で同じ業務に関わるなど、同僚が抜けた穴を埋めるための工夫も凝らす。働きやすい職場環境を整え、優秀な人材を呼び込む狙いだ。 「出産前後の時期はキャッシュフローが大切だ」。ネットスーパーの立ち上げを支援する10X(テンエックス、東京・中央)の矢本真丈代表は強調する。自身の育児経験も踏まえて6月、出産前後の配偶者を抱える社員に、最大70万円を一括支給する制度を設けた。現在は3人が育休中で、取得率は100%だ。

    Read details

  • ANRI連載企画:【気候変動Vol.3】 気候変動に対して、日本はいま何をしていくべきなのか?

    2021.06.24

    ANRI

    【ANRI連載企画:気候変動Vol.3 公開🎉 】 今回は、気候変動の専門家、地球環境戦略研究機関(IGES)高橋健太郎 さんをゲストに迎え、ANRIジェネラルパートナー 鮫島昌弘とともにお話いただきました! 気候変動に関してのより専門的な話に加え、これから私たちが、日常でどのような行動や意識改革をしていくべきか、などわかりやすく解説してくださっています。 今回もインタビュアーをThe HEADLINE編集長 石田健(イシケン)さんにお願いし、気候変動の疑問に対して、鋭く質問いただいております! ぜひご覧ください!

    Read details

  • BSテレ東 日経スペシャル『SDGsが変えるミライ』“女性起業家に投資を! ベンチャーキャピタルの挑戦”【アーカイブ動画】

    2021.06.20

    ANRI

    世界の物差しが急速に変化しています。中でも「ジェンダー」「多様性」は社会や企業を評価する上で極めて重要な要素になっています。3月に発表された世界の男女平等度のランキングで、日本は156カ国中120位でした。もしこのまま放置すると、日本企業は投資家や株主はもちろん、取引先や消費者からもそっぽを向かれてしまいます。6月は株主総会シーズンで、コーポレートガバナンス・コード(企業統治指針)も改定されました。日本は、そして日本企業はどうしたらよいのでしょうか―。 番組は「ジェンダー」「多様性」に関して先進的な取り組みを行う国内外の企業や団体を取材し、世界の方向性と押さえるべきポイントを確認します。

    Read details

  • 「僕らが気づかない視点を」 資生堂など女性活躍を力に: 日本経済新聞

    2021.06.19

    ANRI

    女性が活躍できる環境をいかにつくるか。企業が長年向き合ってきた課題だが、多様性の時代になり重要性が一層増している。SDGs(持続可能な開発目標)は目標のひとつに「ジェンダー平等を実現しよう」を掲げる。女性の力を生かす企業の取り組みを追った。

    Read details

  • 【お知らせ:ANRI代表 佐俣 出演情報】BSテレビ東京 日経スペシャル「SDGsミライが変える」 〜多様性がニッポンを強くする〜

    2021.06.17

    ANRI

    【お知らせ🌸 】 ANRI 佐俣アンリが出演いたします! BSテレビ東京 日経スペシャル「SDGsミライが変える」 〜多様性がニッポンを強くする〜 放映日:2021年6月20日(日) 夜9時〜 弊社のジェンダーへの取り組みを取材いただきました! お時間ございましたら、ぜひ、ご覧ください。

    Read details

  • 【ANRI 社員紹介 #1 元島勇太 】 震災をきっかけに導かれた新たなキャリア

    2021.06.03

    ANRI

    こんにちは。ベンチャーキャピタルANRI 広報の柴沼です。 これから、ANRIで活躍するメンバーをおひとりずつ紹介していきたいと思います。 第1回目は、ベンチャーキャピタリストとしてディープテック領域の投資担当をしている元島勇太さん。 社内や投資先では『本当に困った時につい相談しちゃう』頼れる兄貴的存在✨ そんな元島さんが、どのようにしてベンチャーキャピタリストとしてのキャリアをはじめられたのか。 お話を伺ってみると、元島さんの"強い志"が全てを導いているような、そんなお話を伺うことができました!

    Read details

  • 【ANRI取材調査協力:日本経済新聞】新興企業の資金調達「改善」4割 VC調査、21年見通し

    2021.05.31

    ANRI

    国内スタートアップの資金調達環境に回復の兆しが出てきた。主要なベンチャーキャピタル(VC)に2021年の見通しを聞いたところ、全体の4割強が「調達しやすくなる」と答えた。新型コロナウイルス禍で20年の調達額は8年ぶりの前年割れだったが、世界的な金融緩和を追い風に投資マネーが再び流入してきた。デジタル化や脱炭素に関わる新興勢への投資が活発になっている。

    Read details

  • 「世界中のエンジニアを巻き込み、世界規模の課題を解決する」創業から1年、衛星データ解析コンペを行うSolafune社 x East Ventures社 x ANRI社の3社同時インタビュー!

    2021.05.25

    ANRI

    「ギークな人たちが熱狂している」「熱量がSolafuneを通して世の中を前進させる、最高だなと思います」 これまで数々のベンチャーに投資を行ってきた経験者からこのように語られるのは、株式会社Solafuneが運営する衛星データ解析コンペ「Solafune」。2021年1月22日には独立系VC(ベンチャーキャピタル)ANRI・East Venturesを引受先とする資金調達を発表しています。 そこで、宙畑は2021年4月某日にSolafuneの代表取締役の上地さんに加え、Solafuneへの投資を実施したEast Venturesの金子さん、ANRIの鮫島さんの3名にSolafuneについてのインタビューを実施しました。

    Read details

  • ANRI代表 佐俣アンリ登壇:SocialCoffeeHouse プレオープンLIVE第2弾! 『ビジネスパーソンは社会とどう向き合うか』 @Twitterライブ

    2021.05.20

    ANRI

    弊社代表 佐俣が、SocialCoffeeHouse プレオープンLIVEにゲスト出演いたしました。動画にてご覧いただけますので、よろしければご覧ください。 日時:5月21日(金) 20:00-21:00 (アーカイブ動画をご覧ください) ゲスト: 佐俣アンリ様、浜田敬子様 MC:辻愛沙子

    Read details

  • スタートアップ界でのジェンダー格差に挑む:日経xwoman ANRI 江原ニーナ 

    2021.05.10

    ANRI

    日本のジェンダーギャップ指数の結果に毎年落胆し、日常で目の前に感じている小さな男女格差にも気持ちが沈みがちになる一方で、「女性であること」をポジティブに表現したり、新しい事業につなげたりしながら、積極的で新しい価値観をつくり出している人やプロジェクト、プロダクトは、どんどん増えている。「私たちは、女性であることに、もっとポジティブになっていい」――そんな思いで立ち上げた連載「ポジティブフェム」。第1回に登場するのは、独立系ベンチャーキャピタルANRI(東京・渋谷)のシニアアソシエイト、江原ニーナさんだ。

    Read details

  • なぜ今、再びグリーンテックへの注目が集まっているのか? #2:ANRIマガジン『Make the Future AWESOME』

    2021.05.09

    ANRI

    ANRIは、「未来を作ろう、圧倒的な未来を(Make the Future AWESOME)」をビジョンに掲げて投資・支援をおこなうベンチャー・キャピタルです。 本連載では、量子コンピューターや気候変動、ロボットなどのディープテックと呼ばれる最先端の技術や研究、それらが解決すべき社会的課題から「圧倒的な未来」を考えていきます。 人類が抱える問題に向き合う研究者や起業家、投資家などのインタビューを通じて、私たちの未来を紐解いていきましょう。今回のテーマは、前回に続きまして「気候変動」です​。

    Read details

  • IVS2021 Spring「経営者的子育てとの向き合い方」:ANRI代表 佐俣アンリ

    2021.05.05

    ANRI

    「次世代の、起爆剤に。」をミッションに掲げるIVS(インフィニティ・ベンチャーズ・サミット)。2021年は、オンラインとオフラインのハイブリッドで開催されました。本セッションでは、「経営者的子育てとの向き合い方」をテーマに、ANRI佐俣アンリ氏、グッドパッチ土屋尚史氏、SHE福田恵里氏、モデレーターにYOUTRUST岩崎由夏氏が登壇。起業や経営を行いながら育児を両立させることの不安や、ぶつかった課題についてそれぞれが語りました。

    Read details

  • 大学発新産業創出プログラム(START)における 事業プロモーターユニットの採択決定について(2021年度公募)

    2021.04.27

    ANRI

    2021年度、科学技術振興機構(JST)が運営しております大学発新産業創出プログラム(START)における事業プロモーターユニットとして、ANRIが採択されました。 弊社は2016年より本活動を続けており、今年で6年目となります。 これからの未来を創っていく研究者の方にお会いできる貴重な機会をいただき光栄に思っております。 今後もANRIでは、大学や研究機関発技術のスタートアップ支援に注力して参ります! ■担当者 元島勇太よりコメント STARTは2-3年の間、VCと一緒に起業に向けた研究開発に取り組むという、時間軸的にまだVCからの調達が困難なテーマでも、起業前から伴走が可能となる貴重な仕組みです。起業を検討されている研究者の方は皆さん対象となります。今年度、ご応募いただいた研究者の皆様とは、新しい未来を一緒に創っていけることを大変楽しみにしております。 残念ながら本年の研究者側の申請はすでに締め切っておりますが、来年に向けてのご相談が早くて早すぎることはありませんので、ANRIと一緒に「圧倒的な未来」に取り組みたいと思っていただける方はぜひお問い合わせフォームやDMなどでご連絡ください!

    Read details

  • ANRI 投資先企業への支援情報:【スクラム採用プラットフォームHERP Hire】 ベンチャーキャピタル10社と連携し、投資先スタートアップ向けに特別プランを提供開始

    2021.04.22

    ANRI

    株式会社HERP(本社:東京都品川区、代表取締役CEO:庄田 一郎、以下当社)は、2021年4月22日、ベンチャーキャピタル(VC)の投資先企業向けに「HERP Hire VC連携プラン」( https://herp.cloud/vc.html )を提供開始し、第1弾としてベンチャーキャピタル10社と連携したことをお知らせいたします。 ANRI ジェネラルパートナー 河野純一郎氏 成長を志向するスタートアップにおいて、対象事業は違えど等しく課題となるのが採用それ自体と、採用の組織的取組化です。当該課題解決において、スタートアップ業界で高い評価を得ているHERP社と連携できることは、投資先支援という観点からも私たちにとっても非常に有意義な取り組みとなります。

    Read details

  • ベンチャーキャピタル ANRI 4号ファンドを総額 250億円にてファイナルクローズ:ANRIプレスリリース

    2021.04.18

    ANRI

    独立系ベンチャーキャピタル ANRI(本社:東京渋谷区、 代表パートナー:佐俣アンリ、 以下「当社」)は、 2021年 3月、 株式会社産業革新投資機構(本社:東京都港区、 代表取締役社長:横尾敬介、 以下「JIC」)等からの出資を受け、 当社が運営する ANRI4号投資事業有限責任組合員(以下、 ANRI4号ファンド)を総額 250 億円の規模でファイナルクローズ致しましたことをご報告させていただきます。

    Read details

  • 創業期投資、5年で4倍 ファンド平均 進む大型化:日本経済新聞

    2021.04.18

    ANRI

    ANRIと投資先であるNOT A HOTELの資金調達に関して、海外の創業1年未満の企業の資金調達額との比較と共に掲載されました。 以下、本文。 創業期のスタートアップに投資するファンドが大型化している。1ファンドあたりの平均規模は2020年に50億円と5年前の4倍に増加。

    Read details

  • なぜ今、地球温暖化や気候変動に注目が集まっているのか? #1:ANRIマガジン『Make the Future AWESOME』

    2021.04.15

    ANRI

    ANRIは、「未来を作ろう、圧倒的な未来を(Make the Future AWESOME)」をビジョンに掲げて投資・支援をおこなうベンチャー・キャピタルです。 本連載では、量子コンピューターや気候変動、ロボットなどのディープテックと呼ばれる最先端の技術や研究、それらが解決すべき社会的課題から「圧倒的な未来」を考えていきます。 人類が抱える問題に向き合う研究者や起業家、投資家などのインタビューを通じて、私たちの未来を紐解いていきましょう。初回のテーマは「気候変動」です​。

    Read details

  • ポジティブ・アクションから見えた、4つのインサイト:日経COMEMO 江原ニーナ

    2021.04.15

    ANRI

    昨年11月に、ファンドとしてのD&I推進のための取組の一環としてポジティブ・アクションをスタートしてからもうすぐ5ヶ月が経過します。ありがたいことに、女性の起業家の方々はもちろんのこと、同じように業界のD&Iの課題を感じていた・方針に共感したと属性を問わず様々な起業家の方々からご連絡を頂く機会が増加しました。これまで長らく見過ごされてきた問題に対し風穴を開けるのは容易ではないものの、必要なイニシアチブであることを日々実感しています。

    Read details

  • ベンチャーキャピタルで半年間インターンして学んだ8つのことを言語化してみた:ANRI note

    2021.04.07

    ANRI

    皆さん、こんにちは梨と葡萄の備忘録です。 独立系ベンチャーキャピタルANRIで昨年9月より6ヶ月間インターンして学んだことを備忘録として残したいと思います。これからANRIで働きたいと考えている方々の参考になればと思い、働くまで・働く流れがイメージしやすいように時系列順に書きました。

    Read details

  • スタートアップ業界に必要な多様性とは? ANRI江原ニーナが考える課題 | TOKION

    2021.03.28

    ANRI

    独立系ベンチャーキャピタルANRIでシニアアソシエイトとして活躍する江原ニーナに、男性が多いスタートアップ業界での課題解決には何が必要かを聞いた

    Read details

  • TBS NEWS|女性起業家の増加で「女性も輝く社会に」社会構造の変革に挑む学生投資家|vlog

    2021.03.28

    ANRI

    TBS NEWSのYoutubeチャンネル vlogにて、弊社 江原が密着取材をしていただきました。 弊社では、ジェンダーギャップをキャピタリストの立場から考え、女性起業家への投資を積極的に進める取り組みをしています。 ANRIの事業内容やこの話が始まった裏話など代表 佐俣と江原のやり取りもございます。また、投資先のBLAST石井社長にもご出演いただいておりますので、ぜひご覧ください!

    Read details

  • 日経COMEMO「無意識バイアスワークショップ」でわたしたちが乗り越えられないこと:江原ニーナ

    2021.03.15

    ANRI

    先日、ANRI全メンバーに加え、小売・流通事業者向けに開発不要のネットスーパー立ち上げサービス「Stailer」を提供する株式会社10Xのメンバーで、「無意識バイアスワークショップ」を開催しました。 今回は、メルカリが先月末無償公開した「無意識(アンコンシャス)バイアスワークショップ」研修資料をもとに、同社から講師を招いて(Thanks Liz-san!)実施。誰しも何らかのバイアスを無意識に持っていることにまずは"気づき"、その学びを足がかりに自分の言動を改めてレビューするきっかけ作りをゴールとしました。

    Read details

  • 第3弾 ダイバーシティとインクルージョンを軸にしたANRI オフィスアワーの開催決定!

    2021.03.11

    ANRI

    2021年3月29日(月)にダイバーシティ&インクルージョンを軸としたオフィスアワーをANRIキャピタリスト総出で開催いたします🎉 本オフィスアワーは、スタートアップ業界のダイバーシティに対しさまざまな方向からライトを当てたいという思いから開催に至りました。一口に「ダイバーシティ」「インクルージョン」と言っても、ジェンダー、国籍、宗教など多くの視点がある中で、今回はジェンダーを切り口としております。 対象となるのは、①女性の起業家の方、②女性をターゲットにしたサービスを提供中/構想中の起業家の方(男女問わず) ①と②のどちらか、または両方にあてはまる方です。ご応募お待ちしております💌

    Read details

  • きっかけは「全員男性」の登壇依頼。投資先の2割を女性起業家の会社にしたANRIの話

    2021.03.02

    ANRI

    ベンチャーキャピタル(VC、新興企業を対象にした投資会社)のANRI(東京・渋谷)は、運用額220億円規模の4号ファンドで、投資先社数の2割を女性起業家の会社とする投資方針を定めた。国内の独立系VCとしては初めてとみられるこの取り組みに、なぜ乗り出したのか。代表の佐俣アンリさん、プロジェクトを中心となって進めた江原ニーナさんに、スタートアップ業界のジェンダーギャップについて聞いた

    Read details

  • 女性の起業どう増やす? 「偏見→現状再生産」の鎖を断て:日本経済新聞

    2021.02.28

    ANRI

    日本では女性による起業がなかなか増えません。女性の起業家が多く生まれ、力を発揮するために、何が必要でしょうか。そもそも女性による起業は社会にどういった影響をもたらすのでしょうか。エンジニア出身の女性起業家、投資に「女性枠」を設けたベンチャーキャピタル(VC)の代表、そしてジェンダーの課題に詳しい経営コンサルタントの3人に聞きました。

    Read details

  • 女性起業拡大へVC動く ANRI、投資先の2割配分 多様性で収益伸ばす:日本経済新聞

    2021.02.28

    ANRI

    女性の起業家が増えない現状を変えようと、ベンチャーキャピタル(VC)などが動き出している。主要国のスタートアップ投資のうち、女性が創業した企業への投資は3%どまりだ。企業の成長には多様性が不可欠との認識が広がり、独立系VCは投資の2割超を女性が代表の企業に充てる。米国では新規株式公開(IPO)の引き受け条件にする圧力も強まる。

    Read details

  • 日経COMEMO 「見たことがないものにはなれない」:ANRI 江原ニーナ

    2021.02.18

    ANRI

    「見たことがないものにはなれない(You can't be what you can't see.)」これは、わたしたちが将来について考え、自分の夢を描くときに、ロールモデルの存在が、その青写真を制限してしまう可能性を示唆しています。今回のnoteでは、女性として生きていくこととロールモデルの存在について考えていることを綴ってみます。

    Read details

  • ANRI パートナー 鮫島 昌弘氏インタビュー 誰もやりたがらない大学発スタートアップの”どシード期”にとことん投資 日本のエコシステムの周回遅れを取り戻すために必要な要素とは

    2021.02.15

    ANRI

    独立系ベンチャーキャピタルのANRIは、シード企業への投資に特化し、2012年の設立以降、これまで4つのファンドを設立し、累計350億円規模を運用している。草創期の1号、2号ファンドではラクスルやUUUMなど”IT系スタートアップ”を中心に投資してきたが、2017年の3号ファンドからは、量子やバイオ・ヘルスケア、ロボティクスなど幅広いテクノロジー領域の大学発スタートアップの支援にも力を入れている。同社のディープテック投資領域への拡大は、IT系スタートアップの集まる「渋谷村」と、ディープテック系の「本郷村」の双方のナレッジを共有することによる相乗効果を狙うものだ。

    Read details

  • 研究者のキャリアパスと、スタートアップ企業での可能性

    2021.02.11

    ANRI

    ライフサイエンス系スタートアップ企業は人材不足に悩み、常に優秀な研究者を求めています。一方で博士課程の学生の多くにとって、卒業後の進路はアカデミアか大手企業であり、スタートアップという選択肢があることを知りません。「ライフサイエンス業界全体の発展のためにもこの現状を変える必要がある」、「キャリアパスには多様な選択肢があり、柔軟に考えることが重要だ」と訴える御三方に、今回はお話を伺いました。

    Read details

  • 英IISSに派遣するAPI松本佐俣フェロー第2期生を募集

    2021.02.07

    ANRI

    一般財団法人アジア・パシフィック・イニシアティブ(所在地:東京都港区、理事長:船橋洋一、以下API)は、英国の国際戦略研究所(IISS)にリサーチフェロー(Research Fellow for Japanese Security and Defense Policy)として派遣するAPI松本佐俣フェローの第2期生を募集します。

    Read details

  • 何かやりたい、でも見つからない。その「熱」は投資に値する ベンチャーキャピタリスト・佐俣アンリ

    2021.01.05

    ANRI

    働くことに対して迷いや悩みを抱える人たちに向けた特集「働きざかりの君たちへ」。300億円規模のファンドを運用し、数々の起業家を成功に導いてきたベンチャーキャピタリストの佐俣アンリさんは、初の著書『僕は君の「熱」に投資しよう』(ダイヤモンド社)で、自身や起業家たちの挑戦の日々を振り返りながら、生きる道に迷う若い世代に熱いエールを送っています。「言語化されていない熱を持った人を何とかしてあげたい」と説く、佐俣さんの仕事論を聞きました。

    Read details

  • 「ANRI基礎科学スカラーシップ/The ANRI Fellowship」第三期生となる10名を決定!!

    2020.11.26

    ANRI

    独立系ベンチャーキャピタルANRIは、数学や物理学、生物学、化学などの分野において、実用化には時間がかかり得る基礎研究として重要な分野に取り組む学生を対象とした給付型奨学金プログラム「ANRI基礎科学スカラーシップ/The ANRI Fellowship」 を実施しています。この度、第三期生となる10名が決定したことをお知らせします。 たくさんの応募ありがとうございました!

    Read details

  • VCのANRI、投資先の2割を女性起業家に 4号ファンドで

    2020.11.23

    ANRI

    ベンチャーキャピタル(VC)のANRI(東京・渋谷)は24日、250億円規模を運用する4号ファンドの投資先社数のうち、女性が代表を務める企業の割合を2割に引き上げる方針を発表した。国内の大手VCで女性起業家への投資割合を定めるのは初めてとみられる。多様な起業家を後押しする動きが広がりそうだ。

    Read details

  • イベント「海外大学院留学オンライン説明会: 卒業後のキャリア」に、宮崎が登壇します

    2020.11.07

    ANRI

    海外大学院学位留学 ー「自分の可能性を、世界へ」ー 皆さんは、海外の大学院に進学するという選択肢を考えたことがありますか?世界中から集まった優秀な学生たちは切磋琢磨する環境の中で刺激し合い、またその多くはRAやTAによって学費・生活費が支給されています。そんな今まで想像したことのないような選択肢があること、そして実はそのチャンスが手の届く距離にあること。学位留学経験者の生の声を聞いてみませんか?

    Read details

  • ダイバーシティとインクルージョンを軸にしたオフィスアワー第2弾やります

    2020.10.15

    ANRI

    9月に第一弾を開催し好評を博したD&Iオフィスアワーがパワーアップ🔥🔥🔥今回は、Spiral Capitalシニアアソシエイト・立石美帆氏をむかえ、11月6日夕方に実施します。 対象となるのは、 ①女性をターゲットにしたサービスを提供中/構想中の起業家の方(男女問わず) ②女性の起業家の方 ①と②のどちらか、または両方にあてはまる方です。周りに興味がありそうな方がいれば、是非おすすめください🌱

    Read details

  • 努力の9割を使ってでも 「レベルの高い場所」に入るべき理由

    2020.10.04

    ANRI

    いま若者や起業家、経営者の間で、その「熱さ」が大きな話題を呼んでいる本がある。若手トップのベンチャーキャピタリスト、佐俣アンリ氏のデビュー作『僕は君の「熱」に投資しよう』だ。 シード期(まだプロダクトもなく事業計画のみの段階)のベンチャー企業に対する投資ファンドとして国内最大である300億円のファンドを運営する佐俣氏は、いま日本で最も熱い投資家の一人だ。 その佐俣氏の古くからの友人で、彼から投資を受ける起業家でもあるのが古川健介(通称:けんすう)氏である。大学生時代から掲示板「したらば」の運営会社社長となり、卒業後はリクルートを経てハウツーサイト「nanapi」を起業、現在はマンガ情報サービス「アル」を手掛ける著名な連続起業家である。

    Read details

  • 「恐怖」や「健全な嫉妬」が挑戦の原動力になる理由

    2020.10.02

    ANRI

    いま若者や起業家、経営者の間で、その「熱さ」が大きな話題を呼んでいる本がある。若手トップのベンチャーキャピタリスト、佐俣アンリ氏のデビュー作『僕は君の「熱」に投資しよう』だ。 シード期(まだプロダクトもなく事業計画のみの段階)のベンチャー企業に対する投資ファンドとして国内最大である300億円のファンドを運営する佐俣氏は、いま日本で最も熱い投資家の一人だ。 その佐俣氏の古くからの友人で、彼から投資を受ける起業家でもあるのが古川健介(通称:けんすう)氏である。大学生時代から掲示板「したらば」の運営会社社長となり、卒業後はリクルートを経てハウツーサイト「nanapi」を起業、現在はマンガ情報サービス「アル」を手掛ける著名な連続起業家である。

    Read details

  • スタートアップの「安定レベル」が上がった。長期政権で起業家は成長できた【VC佐俣アンリ】

    2020.10.08

    ANRI

    Business Insider Japanの読者であるミレニアル世代、特に20代にとって、政権と言えば、安倍政権という印象を持つ人も少なくない。日本では稀に見る長期政権は、この世代にどんな影響を及ぼしたのだろうか。一方、彼ら彼女らの意識の変容が長期政権を可能にした背景があるとしたら、それは何か。 ミレニアル世代のビジネスパーソンや研究者などに聞く1回目は独立系VC(ベンチャーキャピタル)、ANRIを創業した佐俣アンリさん(36)。起業家にとってこの7年8カ月はどんな時代だったのだろうか。

    Read details

  • 若手VC二人はどう見る? コロナ禍で激変した「会社」の存在意義

    2020.10.01

    ANRI

    コロナショックが、依然として世界経済や企業業績に甚大な影響を及ぼしている。この大転換期に、経営者たちは何を思っているのだろうか? そして、20代は「会社」という存在をどう捉えればいいのだろうか? そこで、ベンチャーキャピタルで独立した若き経営者・廣澤太紀さんと、スタートアップの経営を支える23歳のVC・江原ニーナさんの二人に「会社とは何か?」という質問をぶつけてみた。

    Read details

  • 一流の起業家と投資家が教える 「よい熱意」と「ダメな熱意」の決定的な違い

    2020.09.30

    ANRI

    いま若者や起業家、経営者の間で、その「熱さ」が大きな話題を呼んでいる本がある。若手トップのベンチャーキャピタリスト、佐俣アンリ氏のデビュー作『僕は君の「熱」に投資しよう』だ。 シード期(まだプロダクトもなく事業計画のみの段階)のベンチャー企業に対する投資ファンドとして国内最大である300億円のファンドを運営する佐俣氏は、いま日本で最も熱い投資家の一人だ。 その佐俣氏の古くからの友人で、彼から投資を受ける起業家でもあるのが古川健介(通称:けんすう)氏である。大学生時代から掲示板「したらば」の運営会社社長となり、卒業後はリクルートを経てハウツーサイト「nanapi」を起業、現在はマンガ情報サービス「アル」を手掛ける著名な連続起業家である。

    Read details

  • 東洋経済 すごいベンチャー100に投資先数社が選出されました

    2020.08.13

    ANRI

    昨年までの活況がコロナ禍で一変。だが独自の技術やサービスの将来性が評価され、資金を調達し、成長へのアクセルを踏み込むベンチャーも存在する。大きく羽ばたく可能性を秘める企業に迫った。

    Read details

  • オンラインのみで投資判断、ANRIやWベンチャーズ

    2020.05.23

    ANRI

    新型コロナウイルスの感染拡大を受け、ベンチャーキャピタル(VC)の間で起業家と直接会わずにオンラインで投資を決める動きが出てきた。ANRI(東京・渋谷)は4月、ビデオ会議による投資検討を開始。経営者らとの面談や、書類審査、関係者へのヒアリングをして、これまで4社に出資を決めた。

    Read details

  • 即決、オンライン完結──独立系VC・ANRIが、新たな投資スタイルに挑み続けるワケ

    2020.05.12

    ANRI

    「誰も見ていないところからヒーローは現れる」──これは、独立型ベンチャーキャピタルANRIの公式noteに書かれていた一文だ。<br /> <br /> 2020年3月、ANRIは“withコロナ時代”の新たな投資スタイルとして、即決投資プログラム「ソクダン」を発表。これは、バリュエーション3億円までのシード投資で、持ち分10%以上の出資であれば1営業日以内に投資判断を回答するというもの。現在180名以上の起業家から応募があり、第一号案件としてキララボへの投資も決定した。

    Read details

  • 「人」に向き合い、未来にあるべき事業へ投資する。 ジャフコ、ITVを経てANRIへ参画した河野氏の思考に迫る

    2020.05.10

    ANRI

    産業の未来を見据え、次代のスタープレーヤーに投資しているベンチャーキャピタリスト。連載「VCが産業を語る」では、既存産業の行く末と新産業勃興の兆しを捉えるため、 彼らが注目している領域について聞いていく。 第8弾では、独立系VCのANRIでジェネラルパートナー(GP)を務める河野純一郎氏に話を伺う。新卒入社したジャフコを経て伊藤忠テクノロジーベンチャーズ(ITV)でパートナーを務め、クラウドワークスやラクスル、メルカリに投資を実行。2019年6月にANRIへ参画した。 前職までは主にシリーズA以降の投資を行っていたが、ANRIではシード投資にも注力し始めた。日本でも屈指のキャピタリストと名高い河野氏が、ANRIにおけるデジタルトランスフォーメーション(DX)に挑む3社への投資や組織づくり、未来から逆算する投資の思考、今後の展望を語る。

    Read details

  • 【お知らせ】メールマガジン「ANRI Newsletter」はじまります!

    2020.04.22

    ANRI

    この度、メールマガジン「ANRI Newsletter」を配信することになりました!

    Read details

  • ベンチャーキャピタルANRI、Withコロナ時代に向けオンライン完結型の投資を開始。

    2020.04.22

    ANRI

    独立系ベンチャーキャピタルANRI(代表:佐俣アンリ)は、COVID-19の感染拡大に伴うリモートワークの普及に対応すべく、オンラインでしか会ったことがない起業家にも積極的に投資をするオンライン完結型の投資を開始したことを発表いたします。今年の3月に開始した即決投資プログラム「ソクダン」を通じて既に投資実行に至ったケースもあり、オンライン完結型の投資を推進することで、今後も引き続き、「新しい産業を作るためのシード投資」に注力してまいります。

    Read details

  • 会ったことのない起業家に投資する

    2020.04.06

    ANRI

    今日非常事態宣言が行われます。 短くても一ヶ月、もしかしたらさらに二ヶ月三ヶ月と、僕たちはほぼ家にいたきりで生活し、仕事をしていくことになるかもしれません。 世界中が対峙しているこの課題に対して、個人としてできることはあまりに小さいですが、こんなことをお手伝いしています。

    Read details

  • 新天地で切磋琢磨する二人に聞く。スタートアップで輝く元商社マンの「やりきる力」と、転職を考えている方に伝えたいこと

    2020.04.15

    ANRI

    終身雇用制度の終焉に伴い、転職人数が年々増加する昨今。キャリアチェンジにおける選択肢としての「スタートアップ」の存在感も高まっています。 その中でも、商社からスタートアップへと挑戦の地を変え、さまざまな立場で活躍する方々も目立つようになりました。

    Read details

  • 全員シード宣言

    2020.04.08

    ANRI

    ANRI4号がスタートして半年が経ちました。投資も10社以上進み順調です。 ファンドの資金調達も予想を遥かに上回るペースで進んでいます。<br /> 本当に良い起業家に、投資家に、選んでもらい、信じることができています。

    Read details

  • 「ANRI基礎科学スカラーシップ/The ANRI Fellowship」第二期生となる7名を決定

    2020.02.11

    ANRI

    独立系ベンチャーキャピタルANRIは、数学や物理学、生物学、化学などの分野において、実用化には時間がかかり得る基礎研究として重要な分野に取り組む若手研究者を対象とした給付型奨学金プログラム「ANRI基礎科学スカラーシップ/The ANRI Fellowship」を実施しています。この度、同プログラムの第二期生となる7名を決定したことをお知らせします。

    Read details

  • 理系院出身VCたちが見る「大学発ベンチャー3.0」の夜明け

    2020.01.14

    ANRI

    日本のVCは、投資が盛んになり始めた2000年頃がネットビジネス黎明期と重なっていたことから、研究開発型ベンチャーへ投資する比率が必ずしも高くありません。大学系VCやファンド規模の大きいところを除くと、VCの多くはネット系ビジネスへの出資を主としています。最近でこそネットやモバイルの適用範囲がリアルビジネスに広がってきつつあるものの、「ディープテック」と呼ばれる領域は、まだこれからの発展が期待されるところです。 独立系VCの中でもディープテック領域で活発に投資やコミュニティーづくりを続けていることで知られているのが、ANRIパートナーの鮫島昌弘氏です。東京・本郷にある東大キャンパス前にスタートアップ向け施設「NestHongo」を2016年に立ち上げたり、量子コンピューターのスタートアップ「QunaSys」へ出資していることで知られています。

    Read details

  • 【対談企画】Gracia CEO斎藤氏×GMB。ANRIと駆け抜けたシード期を今振り返る

    2019.12.19

    ANRI

    第二回GMB入居者インタビューは、元入居者で現在ギフトECサービスTANPを提供する株式会社Graciaの代表取締役CEO斎藤 拓泰氏にお話を伺います。Good Morning Buildingで過ごした1年間を佐俣アンリ氏とともに振り返っていただきました。

    Read details

  • 黒さの向こう側

    2019.12.10

    ANRI

    こんにちは。ビットバレーのクロヒョウことANRIの河野です。 先日、ANRI4号ファンドのリリースをさせていただきました。 6月のANRI参画後から本格的にファンドレイズ活動を開始し、ファーストクローズで110億円強と、大変大きな期待を寄せていただけました。あまりの期待の大きさと重さに、支える上腕二頭筋が震えます。本当にありがとうございます。

    Read details

  • コントローラーのおはなしです。

    2019.12.03

    ANRI

    皆さま、はじめまして。ANRIの中通です。ANRIではミドルバック業務を担当しています。 僕は2019年1月に、ご縁あってANRIに参画させていただきました。前職はEC企業にて、予算策定等の管理会計を主に担当しており、VCのコントローラー業務についてはド素人で始めた人間です。 そんな僕が約1年間コントローラー業務に従事してきた中で、思うことを書かせていただきます。

  • 今こそ日本のDeepTechの夜明けぜよ

    2019.11.26

    ANRI

    どうも、ベンチャーキャピタルANRIの鮫島です。日本でも再び脚光を浴び始めた大学発/DeepTechベンチャー。僕は全国の大学のラボを回って研究者の方々の技術シーズを見つけて、その技術をもとに会社をゼロから立ち上げるところから支援しています。例えば、量子コンピュータのQunaSysさんやリキッドバイオプシーのIcariaさんは大学の先生方に起業を提案して、その後社長候補を見つけてドッキングさせてベンチャーをゼロから立ち上げたという経緯です。

    Read details

  • 研究者をもっと自由に

    2019.11.13

    ANRI

    こんにちは。ANRIの元島と申します。今年6月からANRIにジョインしました。入社と4号ファンドレイズにあたって、自己紹介を兼ねてここまでを振り返りつつ、どういったことを考えているかを書き留めてみました。恥ずかしいですが、言語化大事ですね。

    Read details

  • 宣言と制約と誓約:4号ファンドでやりたいこと

    2019.11.06

    ANRI

    どうも、ANRIの中路です。普段自分のnoteやTwitterなどでは情報発信しているのですが、改めてこちらのANRIのnoteからださせていただきます。 先日発表があったように、ANRIの4号ファンドが組成されました。今まで以上に大きなファンド・大きな挑戦となると思うので、改めてこちらのnoteにて自分が今回のファンドで挑戦したいことや挑戦してみたいテーマについて書いてみようと思います。

    Read details

  • 研究者の選択肢の1つ

    2019.10.28

    ANRI

    ANRIの宮﨑です。ANRIには昨年からジョインしており、主には技術系スタートアップに関っています。今回の4号ファンドの設立に伴って、自己紹介も含めてANRI noteに初登場してみました。

    Read details

  • 大学生で起業なんて「絶対やめたほうがいい」 親と社会の期待を「サードドア」で超える

    2019.10.24

    ANRI

    発売たちまち12万部突破のベストセラーとなったアレックス・バナヤン著『サードドア:精神的資産のふやし方』。 著者のバナヤン氏は、19歳のとき、史上最年少ベンチャーキャピタリストとなり、話題となる。独立系VCとして活躍する佐俣アンリ氏、21歳の大学生ながらVCの道を歩みはじめた上杉修平氏が、『サードドア』を読み、それぞれの体験談をぶつけあった。

    Read details

  • ANRI4号ファンドのスタートに寄せて

    2019.10.20

    ANRI

    こんにちは。ANRIの佐俣アンリです。 本日ANRI4号ファンドのリリースをしました。ファーストクローズで約110億円、200億円を目標とした、日本の独立系では(グロービス、DNXに続いて)最大級と呼んでも許してもらえるかな、という規模のファンドです。

    Read details

  • 独立系VCのANRIが200億円規模の新ファンド、“シードVCのDNA”残しつつ積極的なフォローオンへ

    2019.10.20

    ANRI

    独立系ベンチャーキャピタルのANRIは10月21日、新ファンドとなる4号ファンド(ANRI4号投資事業有限責任組合員)を設立したことを明らかにした。 同ファンドでは現時点で国内大手機関投資家などから約110億円を集めていて、最終的には総額で200億円規模まで拡大する計画。これまで通りシード期のスタートアップへの投資を中心にしつつ、積極的なフォローオンでグロース期まで一貫して起業家をサポートし、日本から大きな産業を創出することを目指すという。

    Read details

  • ANRIが200億円ファンド公表、1社最大20億円支援で「起業家の夢と挑戦に参加したい」

    2019.10.20

    ANRI

    新興企業への投資を手がける独立系ベンチャーキャピタル「ANRI」は10月21日、新たな4号ファンド「ANRI4号投資事業有限責任組合員」の設立を公表した。国内大手機関投資家中心に110億円の一次募集を完了しており、最終的に200億円規模の組成を予定する。

    Read details

  • ベンチャーキャピタルANRI、200億規模の4号ファンドを設立

    2019.10.20

    ANRI

    独立系ベンチャーキャピタルANRI(代表:佐俣アンリ)は、200億円規模となる4号ファンド(ファンド名称:ANRI4号投資事業有限責任組合員)の設立を発表いたします。国内大手機関投資家を中心に約110億円の一次募集を完了致しました。最終的なファンド総額は過去最大の200億円規模を予定しております。

    Read details

  • 基礎研究に取り組む学生向け奨学金を始めたVCのANRI・鮫島氏が語る「これからの投資とリターン」

    2019.10.16

    ANRI

    ベンチャーキャピタルのANRIが、「ANRI基礎科学スカラーシップ」をスタートした。数学や物理学、生物学、化学などの分野で、実用化に時間がかかる基礎研究で重要な分野に取り組む若手研究者を対象とした給付型奨学金プログラムだ。比較的短・中期のリターンを目標に投資をするベンチャーキャピタルが、基礎研究という分野で奨学金をスタートしたのはなぜか。ANRIのパートナーである鮫島昌弘氏(@NestHongo)にお話を伺った。

    Read details

  • “VCの頂点”を目指すANRIが、「人間」を重視する理由。 ファンド経営の展望を、佐俣アンリ氏に聞く

    2019.10.15

    ANRI

    “世界のトップ”を目指す──。本記事の執筆にあたり行った取材で、ANRI代表パートナーの佐俣アンリ氏がしきりに口にしていた言葉だ。 国内では最大規模となる約100億円のシードファンドを運営するANRIは今後、「レイターまで投資ステージを広げ、長期に渡る起業家支援」を志向する。そのために、ファンドの経営体制を刷新し、VCの組織化に注力するフェーズに移行した。

    Read details

  • 日本ベンチャーキャピタル協会理事に佐俣アンリが就任

    2019.07.11

    ANRI

    7月12日(金)に開催された日本ベンチャーキャピタル協会(以下、JVCA)理事会において、第18期理事に佐俣アンリが就任いたしました。 JVCAは2002年に将来性のある未公開企業の起業・成長・発展を支援するために投資等の形で資金提供し、経営支援等も行うベンチャーキャピタルを中心とした組織として設立され、現在200社を超えるVC・CVCが加入しております。

    Read details

  • 二項対立を壊せ! 佐俣アンリが考える、2020年以降の「大企業とスタートアップ」

    2019.07.09

    ANRI

    官と民、大企業とスタートアップ…二項対立の構図を変えていく 「2020年以降の10年」をテーマに伺っていくこの企画。人口減少をはじめ、縮小の兆しが見える日本。その環境下で、佐俣アンリさんはある希望を抱きながらも、僕たちが今すぐにでも変えていくべき「意識」を問うた。

    Read details

  • ベンチャーキャピタルANRI、JT元副社長の新貝康司氏が顧問に就任

    2019.06.30

    ANRI

    独立系ベンチャーキャピタルANRI(代表:佐俣アンリ)に、JT元副社長の新貝康司氏が顧問として就任したことをご報告致します。

    Read details

  • 「外苑前の黒ヒョウ」、ANRIに加入!

    2019.06.18

    ANRI

    こんにちは。”黒ヒョウ”こと河野(こうの)です。既に公式リリースさせていただきましたが、この度独立系VCのANRIに参画いたしました。

    Read details

  • 河野純一郎氏がANRIにGPとして参加ーークラウドワークスやラクスル、Mirrativなど投資実績【ショートインタビュー】

    2019.06.18

    ANRI

    独立系ベンチャーキャピタルのANRIは6月19日、元伊藤忠テクノロジーベンチャーズで投資活動を手がけた河野純一郎氏がジェネラルパートナーとして参画したことを公表した。 河野純一郎氏は2002年からジャフコで投資活動をスタートさせたベンチャーキャピタリスト。国内の未上場企業への投資やファンドの募集などを手がけ、2008年から伊藤忠テクノロジーベンチャーズ(以下、ITV)に参加。在籍期間中にはクラウドワークスやFringe81、ラクスル、メルカリ、Mirrativ、ヤプリなど有力なテクノロジー系スタートアップの支援にあたった実績を持つ。支援社数は累計で28社、投資総額は50億円にのぼる。

    Read details

  • 独立系VCのANRIに元ITVの河野氏が参画、シードからレイターまで起業家の挑戦に長く寄り添うVCへ

    2019.06.18

    ANRI

    6月19日、伊藤忠テクノロジーベンチャーズ(ITV)のパートナーである河野純一郎が移籍し、独立系ベンチャーキャピタルのANRIにジェネラルパートナーとして参画することが発表された。

    Read details

  • ベンチャーキャピタルANRI、河野純一郎の参画のお知らせ

    2019.06.18

    ANRI

    独立系ベンチャーキャピタルANRI(代表:佐俣アンリ)に、元伊藤忠テクノロジーベンチャーズの河野 純一郎が参画したことをご報告致します。

    Read details

  • ANRIが渋谷にインキュベーション施設 「Good morning building by anri」を正式オープン

    2019.06.16

    ANRI

    独立系ベンチャーキャピタルANRI(代表:佐俣アンリ)は、渋谷にインキュベーション施設「Good morning building by anri」(以下、GMB by anri) を正式オープンいたしました。 同施設は、2016年に株式会社ツクルバがリノベーションを行ったもので、この度ANRIが管理・運用を担うことによって、インキュベーション施設として新たなスタートを切りました。

    Read details

  • VCのANRIが独自の給付型奨学金、基礎研究に取り組む若手人材をサポートへ

    2019.06.10

    ANRI

    独立系ベンチャーキャピタル(VC)のANRIは、先端の基礎研究に取り組む若手研究者を対象とした給付型奨学金プログラム「ANRI基礎科学スカラーシップ」を始めることを明らかにした。

    Read details

  • ANRI、世界最先端の基礎研究に取り組む学生を対象とした給付型奨学金プログラムを実施

    2019.06.05

    ANRI

    独立系ベンチャーキャピタルANRIは、数学や物理学、生物学、化学などの分野において、実用化には時間がかかり得る基礎研究として重要な分野に取り組む若手研究者を対象とした給付型奨学金プログラム「ANRI基礎科学スカラーシップ」を開始します。これに伴い、順次、奨学金受給希望者を募集します。

    Read details

  • 弊社佐俣が『Incubate Camp 12th』に審査員として参加します。

    2019.05.21

    ANRI

    インキュベイトファンド主催による2019年9月13日(金)、14日(土)開催の起業家/投資家合同経営合宿『Incubate Camp 12th』ゲストベンチャーキャピタリスト及び審査員が決定。今年から新たに加わる豪華なゲストキャピタリスト及び審査員が参加予定。

    Read details

  • スタートアップを支援するプログラム『STARTUP BOOSTER』の連携先VCが拡大

    2019.02.05

    ANRI

    株式会社マネーフォワードは、2018年9月よりスタートアップを対象としたプログラム『STARTUP BOOSTER』を開始しております。この度、『STARTUP BOOSTER』では、新たに13のベンチャーキャピタルとの連携を開始いたします。これにより、連携先ベンチャーキャピタルは、計20に拡大いたします。

    Read details

  • Good morning building Gallery を運営開始 第一弾は”オリタノヘヤ”

    2018.12.11

    ANRI

    ベンチャーキャピタルファンドANRIが運営する Good morning building by anri において、ギャラリーを運営開始。週末に1Fのスペースを利用し、若手アーティストの個展を今後開催していく予定。今回第一弾として、イラストレーターとして活躍するオリタケイの個展”オリタノヘヤ”を12月15日(土)、12月16(日)に開催しました。

    Read details

  • パートナーの鮫島がFASTGROWに特集されました

    2018.08.14

    ANRI

    「日本の技術を活かし、1兆円企業を生みだしたい」ハイテク産業へ投資する ANRI・鮫島氏の思い

    Read details

  • ANRIが60億円新ファンド、ネット・テクノロジー領域のシードを支援

    2017.08.30

    ANRI

    佐俣アンリ氏が代表パートナーを務める独立系のベンチャーファンド「ANRI」は8月31日、同ファンド3号となる「ANRI3号投資事業有限責任組合」を設立したことを公表

    Read details

  • 大学発新産業創出プログラムの事業プロモーターに採択されました

    2016.08.23

    ANRI

    科学技術振興機構が実施する大学発新産業創出プログラム(START)の新規事業プロモーターユニット代表実施機関に採択されました。

    Read details

  • 『Life Shift』に弊社佐俣のインタビューが掲載されました

    2016.02.07

    ANRI

    投資家が見据える未来と変化を生み出すルーティンの作り方

    Read details

  • 『WIRED.jp』にて弊社佐俣の連載エッセイが始まりました

    2015.11.17

    ANRI

    世界で一番すばらしい人間は「ヴェンチャーキャピタリスト」だ──佐俣アンリ

    Read details

  • 『WIRED.jp』に弊社佐俣のインタビューが掲載されました

    2015.07.15

    ANRI

    いまこそ、ヴェンチャーキャピタリストが日本のスタートアップを成熟させる

    Read details

  • 『HRナビ』に弊社佐俣のインタビューが掲載されました。

    2015.06.02

    ANRI

    まるで相撲部屋?ベンチャーキャピタルの仕事について佐俣アンリさんに聞いてみた